「Arc アーク」芳根京子、監督・石川慶の手紙に涙止まらず子役・鈴木咲に助け求める

141

Arc アーク」の初日舞台挨拶が本日6月25日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの芳根京子寺島しのぶ岡田将生清水くるみ小林薫、監督の石川慶が登壇した。

「Arc アーク」初日舞台挨拶の様子。

「Arc アーク」初日舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全31件)

芳根京子

芳根京子[拡大]

SF作家ケン・リュウの短編小説「円弧(アーク)」をもとにした本作は、不老不死の処置により30歳の体で永遠に生きていくことになるリナの人生を描いた作品。リナを演じた芳根は満席の会場を見渡しながら「お客様が入っているのは当たり前じゃないなと。芳根京子の人生において大切な1本になりました」と、石川も「ひょっとしたら映画館でかけられないんじゃないかと思っていた作品。こうして皆さんに観ていただけて感無量です」と胸中を伝える。

芳根京子(左)のフリップの裏に何か書いてあるのを発見した岡田将生(右)。

芳根京子(左)のフリップの裏に何か書いてあるのを発見した岡田将生(右)。[拡大]

寺島しのぶ

寺島しのぶ[拡大]

舞台挨拶では登壇者たちが本作の見どころをフリップで紹介。「たくさんの愛」と書いた芳根は「現場からもたくさんの愛を感じました。皆さんの心が温まったらうれしいです」と述べる。寺島は、遺体を美しいまま保存する技術「プラスティネーション」と書いたフリップを見せ、「香川の県庁さんで撮影させていただいたんですが、振り付けやダンスがとても楽しかった。ここだけ成立すればいいかなと思っていたくらい大事なシーンです」と振り返った。

岡田将生

岡田将生[拡大]

左から岡田将生、小林薫。

左から岡田将生、小林薫。[拡大]

「海辺」と書いたのは岡田。「この映画の肝となるシーンは海の近くが多くて。海の先に広がっていく世界の広さを感じられると思います」とその理由を語った。また小林はネタバレに配慮した結果、何を書けばいいのかわからなくなったと言い、「言いたいのは山々なんですが上映後のお楽しみ」と記したフリップを見ながら笑う。撮影については「初めて小豆島に行きました。ああ見えて、石川監督が現場で安心感を与えてくれて。もう少し不安になると思ったんだけど(笑)」と正直に話して場を和ませた。

鈴木咲(右)から花束を受け取った芳根京子(左)。

鈴木咲(右)から花束を受け取った芳根京子(左)。[拡大]

左から芳根京子、鈴木咲。

左から芳根京子、鈴木咲。[拡大]

ここで、映画に出演している子役の鈴木咲がサプライズで登場する。母娘役で共演した芳根に花束を渡し、「楽しかったです」と満面の笑みに。芳根は「自分にはこんなに母性本能があるんだなって。咲ちゃんから引き出してもらったことがたくさんあります」と感謝を伝える。

芳根京子への手紙を読む石川慶。

芳根京子への手紙を読む石川慶。[拡大]

涙が止まらない芳根京子(左)とそれを見る鈴木咲(右)。

涙が止まらない芳根京子(左)とそれを見る鈴木咲(右)。[拡大]

芳根京子

芳根京子[拡大]

さらに石川が芳根への手紙を用意していることが発表されると、芳根は「ええーやだ。泣いちゃうもん。もう泣きそうだもん……」とあたふた。そんな彼女を横目に石川は「悩める芳根さんを見て『ああ、リナがいる』と思ったんです」「満身創痍で役を生きている芳根さんに付いていくことにこちらも必死でした」と言葉を紡ぎ、今度も一緒に映画を作りたいと口にする。涙が止まらない芳根は「今、お見せできないくらい泣いています。咲ちゃんつないで?」と鈴木に助けを求めつつ、「こんなに幸せなことはないなと思います。石川監督からはエネルギーやパワーをたくさんいただきました。オファーをいただいたときは、この仕事が向いているのかわからなくなっていた時期で。でも石川さんが優しく包み込んでくれて、今ここに立てているのがうれしいです」と、時折呼吸を整えながら語った。

この記事の画像・動画(全31件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

芳根京子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021映画『Arc』製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 Arc アーク / 芳根京子 / 寺島しのぶ / 岡田将生 / 清水くるみ / 小林薫 / 石川慶 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。