「ねばぎば 新世界」現場でNGゼロの赤井英和、ダジャレ連発し「数撃ちゃ当たる」

45

ねばぎば 新世界」の完成披露舞台挨拶が、本日6月23日に東京・ユーロスペースで開催され、ダブル主演を務めた赤井英和上西雄大、キャストの徳竹未夏古川藍が登壇した。

左から赤井英和、上西雄大。

左から赤井英和、上西雄大。

大きなサイズで見る(全11件)

左から徳竹未夏、赤井英和、上西雄大、古川藍。

左から徳竹未夏、赤井英和、上西雄大、古川藍。[拡大]

上西が監督・脚本・プロデュースも担当した本作は、大阪・新世界を舞台に、かつてヤクザの組を潰して回った勝吉こと村上勝太郎と、その弟分であるコオロギこと神木雄司の姿を描くアクションドラマ。

上西雄大

上西雄大[拡大]

舞台挨拶の冒頭で上西は「憧れの赤井さんとバディになれて、人間がんばっていればこんな日を迎えられるんだと思いました」と感慨深げに語る。さらに「この映画を撮るにあたって真ん中に置きたかったのは、赤井さんの人間的な魅力です」とこだわりを明かした。

赤井英和

赤井英和[拡大]

赤井は脚本を読んだ際の感想を聞かれ「セリフ覚えが悪いんですけど、勝吉の言葉はスッと入ってきましたね。いつもセリフは口でしゃべってますけど、今回は腹から訴えかけられたと思う」と役に共感したことを回想。勝吉がコオロギに言うセリフを再現しながら「『お前のこと、俺は弟やと思うてる』ってとこ……なんべん観てもジーンと来ますね。自分やねんけどね」とはにかんだ。

興信所で働く女性を演じ、映画のスタッフも務めた徳竹は「赤井さんは現場でもすごく優しくて、荷物を持ってくれようとするんです。『やめてください!』って全力で止めました」と告白。また勝吉に父を救われた女性役の古川が「スナックでボクシング(の動作)をするシーンで、赤井さんが直々にフォームを教えてくださった」と話すと、赤井は「手取り足取りね。……足は取らんでいいわ(笑)」と笑いを起こす。さらに勝吉の家のシーンでは赤井の実家でロケが行われたそうで、古川は「赤井さんのポスターやトロフィーがたくさんあって、お写真も撮らせていただきました」と興奮気味に述べた。

投げキッスする赤井英和(左から2番目)。

投げキッスする赤井英和(左から2番目)。[拡大]

妻・赤井佳子のTwitterアカウントで素の姿を投稿され、そのかわいらしさが話題となっている赤井。そんな彼の現場での姿を、上西は「本作で赤井さんはNGゼロなんです」と証言し「だからプロ中のプロという感じなんですが……ずっとダジャレを言っていました。僕らがツッコむか迷ったときは、自分で落としてくれるのですごく助かりました」と続ける。徳竹にも「終始愛らしい。ダジャレでみんなが和んでいました」と言われた赤井は「(ダジャレは)手数が勝負です! 数撃ちゃ当たる!」と断言して笑いを誘った。

「ねばぎば 新世界」は7月10日より東京・K's cinemaほか全国で順次公開。

この記事の画像・動画(全11件)

関連記事

赤井英和のほかの記事

リンク

(c)「ねばぎば 新世界」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ねばぎば 新世界 / 赤井英和 / 上西雄大 / 徳竹未夏 / 古川藍 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。