「青天を衝け」に武田真治と大倉孝二が出演、大河初出演の山崎育三郎は伊藤博文役

60

大河ドラマ「青天を衝け」の新たな出演者が発表された。

武田真治

武田真治

大きなサイズで見る(全4件)

大倉孝二

大倉孝二[拡大]

“日本近代資本主義の父”として知られる渋沢栄一を吉沢亮が演じる「青天を衝け」。江戸幕府の勘定奉行であり財政改革において栄一の憧れの存在となる小栗忠順役で武田真治、明治維新期に外交などで手腕を振るい栄一を新政府へ登用する大隈重信役で大倉孝二、攘夷派の志士だったがのちに開国論者となり初代内閣総理大臣を務める伊藤博文役で山崎育三郎が出演する。

山崎育三郎

山崎育三郎[拡大]

武田は「十年ぶりの大河ドラマ参加に心震えています」「混沌とした幕末に思いをはせ、大切に演じさせていただきます」、大倉は「大変なことです。もう一度言わせてください、大変なことです。作品に貢献できるよう尽力させていただきます」とコメント。大河ドラマ初出演の山崎は「『周旋の才あり』といわれた伊藤博文のように、人と人とのつながりを大切に、敬意を持って誠実に挑みます」と述べている。

「青天を衝け」はNHK総合などで毎週日曜に放送中。

大河ドラマ「青天を衝け」

放送中 毎週日曜
NHK総合 20:00~
NHK BSプレミアム、NHK BS4K 18:00~

武田真治 コメント

2011年の「江 ~姫たちの戦国~」以来、十年ぶりの大河ドラマ参加に心震えています。私の役どころ小栗忠順は、1860年には、地球を一周し、帰国後は多くの奉行を務め、江戸幕府の財政再建や、洋式軍隊の整備、横須賀製鉄所の建設など、幕府側から近代化政策を行い、渋沢栄一の人生に多大な影響を与えたといわれています。徳川に仕えながら日本の未来のために尽力していた小栗と、当初攘夷討幕を唱えていた栄一の出会いが、どのようなものだったか、「日本経済の父」と呼ばれる栄一に与えた影響とは…。混沌とした幕末に思いをはせ、大切に演じさせていただきます。

大倉孝二 コメント

渋沢を政府に誘い、総理大臣、外務大臣などを歴任、近代産業の発展に貢献、政党や大学も作った、誰もが知る明治大正期のビッグネーム。
豪放磊落で「民衆政治家」と呼ばれ親しまれた。
そんな大隈重信をやらせていただくことになりました。
大変なことです。もう一度言わせてください、大変なことです。
作品に貢献できるよう尽力させていただきます。

山崎育三郎 コメント

日本の初代内閣総理大臣、伊藤博文を演じさせていただきます。
大日本帝国憲法の起草者の一人であり、幕末から明治へ日本を近代化に導いた偉人。
「周旋の才あり」といわれた伊藤博文のように、人と人とのつながりを大切に、敬意を持って誠実に挑みます。
素晴らしい役者の皆さんと作品創りができることを楽しみにしています。

この記事の画像(全4件)

関連記事

武田真治のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 武田真治 / 大倉孝二 / 山崎育三郎 / 吉沢亮 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。