林遣都×中川大志の“犬バカ”青春映画「犬部!」7月公開、主題歌はNovelbright新曲

1881

林遣都中川大志の共演作「犬部!」が7月22日に公開決定。ティザービジュアルが到着した。

「犬部!」ティザービジュアル

「犬部!」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

片野ゆか著「北里大学獣医学部 犬部!」を原案とした本作。主人公のモデルは、2004年頃、青森県十和田市の北里大学・十和田キャンパスに実在した動物愛護サークル・犬部の設立者である獣医学生だ。映画では仲間たちとともに動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師になり1人で新たな問題に立ち向かう現代という2つの時代構成で、かつての犬部の仲間たちを再び巻き込み、信念を曲げず突き進む主人公の姿を描き出す。

超が付くほどの動物好きで、どんな状況でもあきらめず奮闘する熱血主人公・花井颯太を林が演じ、その相棒で心優しい同級生・柴崎涼介に中川が扮する。「花戦さ」「影踏み」の篠原哲雄が監督を務め、「犬に名前をつける日」の山田あかねが脚本を手がけた。

Novelbright

Novelbright[拡大]

ティザービジュアルは林と中川の2人が、劇中でそれぞれバディになる犬のちえときぃとともにまっすぐに前を見つめ、互いの愛情と信頼を感じさせる仕上がりに。また本作の主題歌はロックバンド・Novelbrightの書き下ろし新曲「ライフスコール」に決定。林は「様々な葛藤を乗り越え、信念を曲げずに闘い続けた登場人物たちの思いを代弁してくれているかのような歌詞でした」、中川は「犬部のメンバーと過ごした時間や、動物達の顔が、疾走感のあるメロディに乗って蘇ってきました」とそれぞれ感想をつづっている。林、中川、Novelbrightのコメント全文は以下の通り。

林遣都 コメント

素敵な主題歌を届けていただき感謝しています。
様々な葛藤を乗り越え、信念を曲げずに闘い続けた登場人物たちの思いを代弁してくれているかのような歌詞でした。動物愛護に限らず、何かを変えようと勇気を持って声を上げ、誰かの為に生きようとする人の大きな支えとなる歌だと感じています。僕たちの思いと動物たちの声をこの「ライフスコール」にのせて、沢山の人に届けたいと思っています。

中川大志 コメント

犬部のメンバーと過ごした時間や、動物達の顔が、疾走感のあるメロディに乗って蘇ってきました。この曲が、苦しかった瞬間さえも優しく包み込んで未来に連れ出してくれる気がします。
「剥き出しの決意をこの胸に僕は立ち向かう」
この言葉が、柴崎として過ごした覚悟を、この先も忘れずにいさせてくれると思います。

Novelbright コメント

今回「犬部!」の主題歌を担当させて頂きました。映画を拝見し、感動と共感、そして動物達と動物を愛する主人公の思いに心を打たれました。主題歌として書き下ろした「ライフスコール」は、動物を愛し、動物達の為に戦う優しい心と葛藤をイメージして制作しました。この素晴らしい作品の一部になれたことを素直に嬉しく、誇りに思います。命の大切さ尊さを、「犬部!」を通じて沢山の人の心に届くことを願ってます。

この記事の画像(全4件)

関連記事

林遣都のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021「犬部!」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 犬部! / 林遣都 / 中川大志 / Novelbright / 篠原哲雄 / 山田あかね の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。