水原希子とさとうほなみ、「彼女」撮影中は「ずっと抱き合ってた」

344

Netflix映画「彼女」の配信直前イベントが、本日4月13日に東京・新宿ピカデリーで開催され、キャストの水原希子さとうほなみ、監督の廣木隆一が登壇した。

「彼女」配信直前イベントの様子。

「彼女」配信直前イベントの様子。

大きなサイズで見る(全15件)

中村珍によるマンガ「羣青」を実写化した本作。同性愛者の永澤レイと、夫から壮絶なDVを受けていた篠田七恵の逃避行が描かれる。七恵を救うため彼女の夫を殺害するレイを水原が演じ、レイに疎ましさと恐ろしさを感じつつも助けを求める七恵にさとうが扮した。

水原希子

水原希子[拡大]

水原は「あと2日で世界配信されるということで、今までにない緊張を感じています。皆さんが2人の愛の物語をどう受け取ってくれるのか興味があります」と心境を明かす。役作りに関しては「好きな人のために人を殺す役ということで、自分にとってチャレンジになるなと思いました」と振り返る。原作ファンだったというさとうは「もし映像化されるのであれば自分がやりたいと、ずっと思っていました。お話を聞いたときは、廣木監督で『羣青』!? すごい組み合わせだと思って本当にうれしかったです」と興奮気味に話した。

さとうほなみ

さとうほなみ[拡大]

順撮りで行った撮影に関して、さとうは「関係性が変化していく中で、私(七恵)にはレイが必要なんだと感じるところが多々あって。順撮りできたからこそ、私自身も希子ちゃんがいないと成り立たない精神状態までいけた」とコメントし、「ずっとくっついてましたもんね」と水原のほうを見る。それを受け水原も「カメラが回っていないところでもずっと隣にいたり、手を握ったり。本番直前までずっと抱き合っていたり。心も体もグッ!て感じ」と抱き合うジェスチャーをしながら回想。廣木は自ら希望した順撮りでの撮影を「ロードムービーなので、順撮りが理想だと思っている。始めと最後の表情が全然違う。それを観られる皆さんは幸せかもしれない」と観客に語りかけた。

左からさとうほなみ、水原希子。

左からさとうほなみ、水原希子。[拡大]

本作への出演にあたり、自動車の運転免許を取得した水原。「23日くらい掛けてがんばって取りました。でもお芝居しながら運転するのは難しくて……ほなみちゃんが一番ヒヤヒヤしてたんじゃないかな」という水原に対し、さとうは「すっごい怖かったです!」と笑う。それを聞いた廣木は「運転初心者でBMWのオープン(カー)だよ? 普通ありえない(笑)」と付け足した。

左からさとうほなみ、水原希子、廣木隆一。

左からさとうほなみ、水原希子、廣木隆一。[拡大]

最後にさとうは「観ていただいて何か少しでも思っていただくところがあればうれしいです」と、水原は「愛することはどういうことなのか、守るってどういうことなのか、自分に置き換えて考えるきっかけになると思う」と作品をアピール。そして廣木は「体当たりの演技と言うと古臭いけど、ストレートに感情を出してくれて、2人ともこの映像の中で“違う生き物”になっています」とキャストをたたえた。

「彼女」は4月15日よりNetflixで全世界独占配信。

この記事の画像・動画(全15件)

関連記事

水原希子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 水原希子 / さとうほなみ / 廣木隆一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。