キングよ永遠なれ、チャドウィック・ボーズマン主演作「21ブリッジ」を田村真が紹介

26

チャドウィック・ボーズマンが主演とプロデュースを兼任した「21ブリッジ」の特別映像が、YouTubeで解禁された。

「21ブリッジ」

「21ブリッジ」

大きなサイズで見る(全9件)

警察官だった父を殺害された過去を持つ刑事、アンドレ・デイビスをボーズマンが演じた本作。アンドレが警官殺しの犯人を追い詰めるため、ニューヨーク・マンハッタン島に架かる21個の橋を封鎖するさまが描かれる。

「21ブリッジ」

「21ブリッジ」[拡大]

「2分でわかる『21ブリッジ』」と銘打たれたこの映像では、「ブラックパンサー」などボーズマンの出演作で彼の日本語吹替吹替を務めた田村真がナレーションを担当。ボーズマンのこれまでの功績や、病を抱えながら撮影に臨んだ「21ブリッジ」のストーリーを、「キングよ 永遠なれ」といったフレーズを交えつつ紹介していく。

「21ブリッジ」

「21ブリッジ」[拡大]

田村は「ブラックパンサーの大成功を機に、世界中の人達が更なる活躍に期待を膨らませた事と思います。チャドウィックさんが演じるキャラクターをもっともっと観たかった。そして、もしそのキャラクターを僕が吹き替えさせて頂く事が続いたら、いつの日かチャドウィックさんに会えるのではないかと、そんな夢のまた夢見たいな事も想像したものです。世界中で一番会いたい人でした。残念でなりません」と彼の死を悼む。そして「童顔でとても柔和な印象がありますが、演じたのは、困難にも敢然と立ち向かう、厳しくもあり芯の強い役が多かったと思います。これはチャドウィック・ボーズマンその人自身が、毅然とした態度で、世間や世界と対峙するんだという信念の表れだったのではないかと想像します。チャドウィック・ボーズマンが備え持った品性を、吹き替えで無くさないよう、どの役を演じるにあたっても意識しました」と声を当てる際に考えていたことを明かした。

ブライアン・カーク監督作「21ブリッジ」は、4月9日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全9件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

チャドウィック・ボーズマンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 21ブリッジ / チャドウィック・ボーズマン / 田村真 / ブライアン・カーク の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。