チャドウィック・ボーズマン最後の主演・プロデュース作「21ブリッジ」来年4月公開

300

「ブラックパンサー」などへの出演で知られ、8月28日に43歳の若さでこの世を去ったチャドウィック・ボーズマン。彼が主演した最後の劇場公開作品「21ブリッジ」が、2021年4月に日本公開される。

「21ブリッジ」ティザービジュアル

「21ブリッジ」ティザービジュアル

大きなサイズで見る

本日11月29日はボーズマンの誕生日。生前の彼は本作に「脚本を読んで面白くて、観たことのない作品になると思った。そしてその通りの出来になっています」と語るほど惚れ込み、プロデュースも担当した。「アベンジャーズ/エンドゲーム」のアンソニー・ルッソジョー・ルッソの兄弟もプロデューサーとして参加。ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のブライアン・カークが監督を務めた。

本作は、警察官だった父を殺害された過去を持つ刑事デイヴィスが、ニューヨークの闇にたった1人で立ち向かうクライムアクションミステリー。マンハッタン島で8人の警察官が殺害される強盗事件が発生し、デイヴィスは島を全面封鎖して事件を追うこととなる。ボーズマンがデイヴィスを演じ、シエナ・ミラーテイラー・キッチュJ・K・シモンズがキャストに名を連ねた。

関連する特集・インタビュー

関連記事

チャドウィック・ボーズマンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 21ブリッジ / チャドウィック・ボーズマン / アンソニー・ルッソ / ジョー・ルッソ / ブライアン・カーク / シエナ・ミラー / テイラー・キッチュ / J・K・シモンズ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。