チャドウィック・ボーズマン「21ブリッジ」主演・製作兼任の背景には盟友の存在が

43

21ブリッジ」より、チャドウィック・ボーズマンのインタビュー映像がYouTubeで公開された。

「21ブリッジ」ニューヨークプレミアでのチャドウィック・ボーズマン(左)とローガン・コールズ(右)。

「21ブリッジ」ニューヨークプレミアでのチャドウィック・ボーズマン(左)とローガン・コールズ(右)。

大きなサイズで見る(全10件)

本作は、警察官だった父を殺害された過去を持つ刑事、アンドレ・デイビスが主人公のクライムアクション。警官殺しの犯人を追い詰めるため、ニューヨーク・マンハッタン島に架かる21個の橋を封鎖するさまが描かれる。

本作で主演とプロデュースを兼任したボーズマンは、それぞれの役割にかける時間の配分に気を使ったという。彼は「いつも現場に出向いていろんなアイデアを出し問題を解決してくれた」と、大学時代からともに作品制作を行なってきた盟友で、本作の共同プロデューサーのローガン・コールズに感謝する。

なお彼らは、実在したアフリカの侍・弥助を描くボーズマンの主演映画など、複数のプロジェクトを進めていたそう。コールズは、ボーズマンとの最後の会話でそれらの作品を一緒に作りたかったと話した際に「(製作を)止めないでくれ」と後押しされたことをインタビューで明かしている。

「21ブリッジ」は、4月9日より全国ロードショー。ブライアン・カークが監督を務め、出演にはシエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、J・K・シモンズも名を連ねた。

この記事の画像・動画(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

チャドウィック・ボーズマンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 21ブリッジ / チャドウィック・ボーズマン / ブライアン・カーク の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。