小倉由菜と架乃ゆらが語る「恋の墓」裏話とは?鳴瀬聖人は「ワールドを浸透させたい」

494

恋の墓」の初日舞台挨拶が本日3月12日に東京・アップリンク渋谷で行われ、キャストの小倉由菜架乃ゆら、監督を務めた鳴瀬聖人が登壇した。

「恋の墓」初日舞台挨拶の様子。左から鳴瀬聖人、小倉由菜、架乃ゆら。

「恋の墓」初日舞台挨拶の様子。左から鳴瀬聖人、小倉由菜、架乃ゆら。

大きなサイズで見る(全9件)

本作は、マッチングアプリで本当の恋を探す看護学生の“あの子”と、彼女に思いを寄せる僧侶・堀川ユウタの恋模様をつづるロマンチックファンタジー。小倉が“あの子”、アベラヒデノブがユウタを演じ、架乃がユウタの幼なじみ・ユウカに扮した。

「恋の墓」

「恋の墓」[拡大]

小倉は自身が演じたヒロインについて「正直今でもどういう子なのかわからないんです(笑)。監督の脚本がぶっ飛んでいるから感情を持って行きにくくて」と述べ、「でも誰かに必要とされたいという気持ちは女性として共感できる。超メンヘラな女の子だと思って演じました」と振り返る。

「恋の墓」

「恋の墓」[拡大]

架乃は「監督と打ち合わせしたときに、会ってすぐ『大林宣彦監督の“尾道三部作”は観てますか!?』と聞かれたんです。『まだ観てないです』って答えたらすごく残念そうで」と回想し、「『恋の墓』のヒントになるのかも?と思って、そのあと観たんです。“尾道三部作”のヒロインはなんとなくつかみどころがない印象で、ユウカちゃんもそういう子なのかな?と思って、意識して演じました」と述懐。続けて、本作が自身にとって初めて参加した映画であることに触れつつ「撮影初日に『ふすまを開け閉めしてください』って言われたんです。どうなるんだろう?と思ったんですけど(笑)、完成したものを観たらいいシーンで。監督の頭の中ってどうなってるんだろうな!と思いました」と鳴瀬をたたえた。

小倉由菜

小倉由菜[拡大]

鳴瀬の強い希望で小倉と架乃がキャスティングされたという本作。鳴瀬が「デビュー当時から存じ上げてます」とはにかむと、架乃は「言い方が悪いんですけど、ファンみたいでした(笑)」と、小倉は「接しづらいところありましたね」と暴露し、会場に笑いを起こす。鳴瀬は「必死に映画監督を装おうとしたけど無理でしたね」と茶目っ気たっぷりに打ち明けた。

架乃ゆら

架乃ゆら[拡大]

イベント中盤には小倉と架乃が歌う本作の主題歌に話題が及ぶ場面も。小倉は「すごい環境でしたね。撮影の合間に倉庫みたいなところでレコーディングしたんですけど、段ボールに囲まれた中にマイクがあって。ストッキングをかぶってるんです(笑)」と話し、架乃も「スタジオに行くのかな?って思ったんですけど、倉庫に連れて行かれて……え? ここで?って。レコーディングってどこでもできるんだなって思いましたね」と裏話を披露。これを受けて鳴瀬は「いや、あのあと苦労したんですよ! もうできない。大変だから」と吐露した。

鳴瀬聖人

鳴瀬聖人[拡大]

最後に小倉は「すぐにチケットが完売したと聞いて、うれしかったです。コロナで皆さんと会えなくなってしまったんですが、久しぶりに顔を見られてよかったです」とファンへの愛情を伝え、架乃は「名古屋と大阪では上映されたんですがやっと東京で上映です。私にとって初めての映画です。これからも大切な作品になると思っていますので、また観に来てください」と呼びかける。そして鳴瀬は「架乃さんも初めてということですが、商業作品童貞だった自分にとってもデビュー作です。お二人に出演していただいてやりたいことが全部できました! 僕のワールドを浸透させていきたい。わけのわからない映画ってあるんだ、でも面白い!と思ってもらえたら」と願いを込め、イベントの幕を引いた。

「恋の墓」は、アップリンク渋谷で公開中。

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

リンク

(c)2020 アドバンス

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 恋の墓 / 小倉由菜 / 架乃ゆら / 鳴瀬聖人 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。