豊田利晃×日野浩志郎、太鼓芸能集団・鼓童を捉えた映像作品「戦慄せしめよ」配信

136

豊田利晃が監督した音楽映像作品「戦慄せしめよ」が、明日2月5日19時よりVimeoほか各映像配信プラットフォームで配信される。

「戦慄せしめよ」(写真:大森克己)

「戦慄せしめよ」(写真:大森克己)

大きなサイズで見る(全7件)

鼓童

鼓童[拡大]

「戦慄せしめよ」はミュージシャンでコンポーザーのYPYこと日野浩志郎と、2021年に創立40周年を迎える太鼓芸能集団・鼓童がコラボレーションした作品。2020年12月の記録的な豪雪の中、佐渡島で全編撮影された本作では、1カ月に及ぶ滞在制作を経て完成した楽曲群たちの演奏が、鼓童村の稽古場をベースに捉えられた。セリフは一切なく、音と映像だけで紡がれる89分間の作品となっている。

「戦慄せしめよ」

「戦慄せしめよ」[拡大]

「戦慄せしめよ」

「戦慄せしめよ」[拡大]

音楽を手がけた日野は「今回の制作を通して鼓童を知るほど、伝統が今でも伝統として存在している理由や力強さを感じていった」と振り返り、「これは単に『鼓童の為に作曲した作品』ではない。今自分たちはデビュー当時の鼓童の興奮や発見を追体験しているのではないか、そう思える時間を共にした記録となった」とコメント。なお、YouTubeでは本作の予告編が公開中だ。

鑑賞料金は税込1000円。現在、各配信プラットフォームでチケットが販売されている。

日野浩志郎 コメント

日野浩志郎

日野浩志郎[拡大]

今回の制作を通して鼓童を知るほど、伝統が今でも伝統として存在している理由や力強さを感じていった。スピーカーでは鳴りえない空気の振動、木の鳴り、そして太鼓を打つ姿の美しさ。その圧倒的説得力に純粋に感動し、伝統と向き合う事の意味を深く体感した。
その上で正しいとされるものを疑い、音楽として形を成すことを捨てたところからこれは始まる。
単なる音の響きを探し、その音にリズムを与え、いくつかのリズムが絡みあうことで大きな律動が生まれ、それは音楽となっていく。僕たちは「作曲家」、「鼓童」として切り分けた関係ではなく、同じ仲間として楽器の持つ音や演奏法、グルーヴを再発見し、その興奮や喜びを共にしていった。
ゆえにこれは単に「鼓童の為に作曲した作品」ではない。今自分たちはデビュー当時の鼓童の興奮や発見を追体験しているのではないか、そう思える時間を共にした記録となった。

この記事の画像・動画(全7件)

豊田利晃のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021 越島

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 豊田利晃 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。