福士蒼汰主演「神様のカルテ」に中村蒼や高橋ひとみが参加、ポスターも公開

510

福士蒼汰主演ドラマスペシャル「神様のカルテ」の第2夜以降に登場する追加キャストが明らかに。あわせてポスタービジュアルも公開された。

「神様のカルテ」追加キャスト

「神様のカルテ」追加キャスト

大きなサイズで見る(全19件)

「神様のカルテ」ポスタービジュアル

「神様のカルテ」ポスタービジュアル[拡大]

現役医師である夏川草介による小説をドラマ化した本作は、患者と正面から向き合う福士演じる若き医師・栗原一止の成長を描く物語。2時間のスペシャルドラマを全4話にわたって放送する本作には、清野菜名、上杉柊平、大島優子、イッセー尾形、北大路欣也も出演する。

中村蒼演じる進藤辰也。

中村蒼演じる進藤辰也。[拡大]

このたび、一止の同期であり友人の血液内科医・進藤辰也役で中村蒼が第2夜、第3夜に出演することが決定。第2夜ゲストとして、イッセー扮する古狐先生(内藤鴨一)の妻・内藤千代役で高橋ひとみ、辰也の患者・四賀藍子役で藤井美菜、甘い物好きの糖尿病患者・会田彦一役でアキラ100%こと大橋彰、歌が好きな妻のために木曽節を歌い続ける留川孫七役で品川徹がキャスティングされた。さらに第2夜以降には、一止行きつけの居酒屋・九兵衛のマスター役で坪倉由幸我が家)が出演し、山崎銀之丞黒田大輔実咲凜音も登場する。

左からイッセー尾形演じる古狐先生、高橋ひとみ演じる内藤千代。

左からイッセー尾形演じる古狐先生、高橋ひとみ演じる内藤千代。[拡大]

中村は第2夜を「様々な愛が軸となっています」と紹介し、辰也と一止から学んだことについて「何が正しくて何が間違っているかが問題ではなく、自分に嘘をつかずに生きられるかが大切なんだと僕はこの2人から教わりました」と述べた。高橋、藤井、大橋、坪倉のコメントは以下に掲載している。

ドラマスペシャル「神様のカルテ」は2月15日20時にテレビ東京系で放送スタート。村上正典谷口正晃橋本一が演出を担当し、ドラマ「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」の森下直が脚本を手がけた。

ドラマスペシャル「神様のカルテ」

テレビ東京系
第1夜:2021年2月15日(月)20:00~21:54
第2夜:2021年2月22日(月)20:00~21:54
第3夜:2021年3月1日(月)20:00~21:54
第4夜:2021年3月8日(月)20:00~21:54

中村蒼 コメント

僕が演じる進藤辰也が登場する2話は様々な愛が軸となっています。
今作を観て、どうしても忘れがちになってしまう自分の周りにあるささやかな愛に気がつく人がいてくれると幸いです。
そして辰也と一止の間に“良心に恥じぬという事だけが我々の確かな報酬である”という言葉が出てきます。何が正しくて何が間違っているかが問題ではなく、自分に嘘をつかずに生きられるかが大切なんだと僕はこの2人から教わりました。
綺麗事だけでは済まされない医療の現場で足宛き苦しみ自分なりの進むべき道を見つけようとする辰也を是非見守ってあげてください。

※足宛は足へんに宛が正式表記

高橋ひとみ コメント

台本を読ませていただいた時に、心がほどけていくような、とても居心地の良いそんな気持ちになりました。
医療現場で働く人々の葛藤 苦悩 神経をすり減らして働いている夫を千代は理解して信頼しとても愛している、夫の一部の様な人だなと思いました。
一止と榛名の未来がなんとなく古狐先生と千代夫妻の様な気がしてきます。
常にお互いを一番に思いやる夫婦。
2人の空気感が内藤夫妻の空気感と とても似ているような気がするのです。
とにかく誠心誠意 夫を愛する千代を演じたいと思います。

藤井美菜 コメント

今回、四賀藍子を演じるにあたり、台本、原作と読ませていただきました。
そこには、患者の立場では知り得なかった、病院という組織の構図がありました。
お医者様の内面にも目が向けられ、医師としての葛藤や苦悩が、丁寧に描かれています。責任と誇りを持って誠心誠意、患者と向き合っている本庄病院の先生方の姿に、心打たれました。
私自身は第2話のみの登場になりますが、全放送を見届けて、今一度、命の在り方というものについて考えてみたいと思います。

大橋彰 コメント

僕が演じたのは、病気を抱えながらも明るくどこか憎めないチャーミングな会田さん。それぞれの人がそれぞれの思いを抱えながら生きている病院の中で、会田としてこの「神様のカルテ」の1ピースになれたことを光栄に思います。
緊張しながらの撮影でしたが、見ている方に温かい気持ちになっていただけたら嬉しいです。
本当に素敵なドラマですのでたくさんの方に見ていただきたいです!

坪倉由幸 コメント

出番は少なめですが、とても素敵な役をいただきました。
この役をいただき、台本を読んだ時、すぐにある人が頭に浮かびました。それは僕らのトリオ名「我が家」の名前の由来でもある、東中野にある居酒屋「我家」のマスターです。
いつも美味しい料理を出してくれて、言葉数は少ないけど、優しい口調でたまに心に刺さることを言ってくれるマスターそのものだと。そんな素敵なマスターをイメージしながら役作りをしました。
全国の皆さん、そして我家のマスター、ぜひご覧ください!

田辺勇人(プロデューサー)コメント

「患者を救うために、大切な人を犠牲にしてもいいのだろうか」
第二夜では、中村蒼さん演じる進藤辰也と一止が久しぶりに再会するところからドラマが始まります。
「医学部の良心」とも呼ばれ親友だった辰也から突き付けられた1つの問いに、一止は真剣に向き合い、悩みながらも自分なりの答えを見つけていきます。
また、一止とハル、古狐先生と千代、辰也と千夏という事情の異なる3組の夫婦の姿を通して、「友情とは」「家族とは」「仕事とは」という重層的なテーマを、丁寧に描きます。
そんな第二夜にも豪華なキャストの方々にお集まり頂きました! 嬉しい再会があれば、悲しい別れもあります。
放送を楽しみにお待ち頂けると幸いです。
第一夜の放送まで、2週間を切りました。「神様のカルテ」の中で生きている人や亡くなっていく人の姿や想いを通して、
皆さんの心を優しくノックするような作品になればと思っております。キャスト、スタッフ全員で誠意を込めてお送りしますので、
ぜひご覧ください。宜しくお願い致します。

この記事の画像(全19件)

関連記事

福士蒼汰のほかの記事

リンク

関連商品

(c)テレビ東京

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 福士蒼汰 / 中村蒼 / 高橋ひとみ / 藤井美菜 / アキラ100% / 大橋彰 / 品川徹 / 坪倉由幸 / 我が家 / 山崎銀之丞 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。