ディーン・フジオカ、山田裕貴が福島舞台の青春アニメ「フラ・フラダンス」に出演

249

ディーン・フジオカ山田裕貴がオリジナルアニメ映画「フラ・フラダンス」に出演することがわかった。

左からディーン・フジオカ、鈴懸涼太、山田裕貴、平和人。

左からディーン・フジオカ、鈴懸涼太、山田裕貴、平和人。

大きなサイズで見る(全4件)

「フラ・フラダンス」ティザービジュアル

「フラ・フラダンス」ティザービジュアル[拡大]

本作は、フジテレビがアニプレックス、イオンエンターテイメントと共同で展開するアニメプロジェクト「ずっとおうえん。プロジェクト 2011+10…」内の一作。福島の大型レジャー施設・スパリゾートハワイアンズを舞台に、姉のあとを追ってフラガールの世界に飛び込んだ新入社員・夏凪日羽と仲間たちの成長が描かれる。日羽に福原遥が声を当て、水島精二が総監督、「劇場版アイカツスターズ!」の綿田慎也が監督を務めた。

フジオカはスパリゾートハワイアンズの先輩社員・鈴懸涼太(すずかけりょうた)、山田は日羽たちと一喜一憂をともにするおとぼけキャラのマネージャー・平和人(たいらかずと)に声を当てる。福島出身のフジオカは「生まれ故郷とのつながりの中で改めて自分に何ができるのかを考えるきっかけを頂きました」とコメント。水島作品の大ファンを自称する山田は「参考に見せていただいた映像が素晴らしく、完成したら自分の想像をはるかに超えてくるのは間違いないので僕自身、完成を楽しみにしています」とつづっている。

「フラ・フラダンス」は2021年初夏に全国で公開。

ディーン・フジオカ コメント

以前から声優のお仕事をやってみたいと思っていたので、本作品に参加させて頂き本当に嬉しく思います。
また、この物語は自分の故郷でもある福島を舞台にしたストーリーということで、生まれ故郷とのつながりの中で改めて自分に何ができるのかを考えるきっかけを頂きました。
自分の置かれた場所で、何があっても諦めず、全力で努力し続けることの大切さを教えてくれる、そんな力を持った作品になっていると思います。
この物語が一人でも多くの方に伝わることを心より願っております。

山田裕貴 コメント

自分がデビューした当時からずっと大好きだった作品の監督である水島総監督の作品にお声がけいただいて、本当に嬉しくて前のめりで参加させていただきました。振り返るのも大事だけれど、変えられる1秒先のために前に進もうよというメッセージが込められている作品だと思っているので、観ていただく方にとってもそんな風に感じてもらえると嬉しいです。
参考に見せていただいた映像が素晴らしく、完成したら自分の想像をはるかに超えてくるのは間違いないので僕自身、完成を楽しみにしています。

この記事の画像・動画(全4件)

関連記事

ディーン・フジオカのほかの記事

リンク

関連商品

(c)BNP, FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 フラ・フラダンス / ディーン・フジオカ / 山田裕貴 / 水島精二 / 綿田慎也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。