2020年映画興収は前年比54.9%で1432億円、「鬼滅の刃」が約22%占める

287

日本映画製作者連盟(映連)が本日1月27日、2020年の全国映画概況を発表。年間興行収入は、2000年以降最低となる1432億8500万円という結果となった。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」ポスタービジュアル (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」ポスタービジュアル (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

大きなサイズで見る(全3件)

新型コロナウイルスの流行によって、劇場は一時休業を余儀なくされ、多くの作品が公開延期となった2020年。緊急事態宣言が発出されている現在も公開延期となる作品が出るなど、映画業界は現在進行系で苦境に立たされている。例年、記者会見の場で発表されてきた概況だが、今年は宣言の影響により書面を通じての発表となった。

興行収入は過去最高を記録した前年の2611億8000万円と比べ、1178億円9500円の大幅減で54.9%という結果に。内訳は邦画が1092億円7600万円で前年比76.9%、洋画が340億900万円で前年比28.6%で、構成比は76.3%:23.7%。2000年以降では初めて邦画が70%を超えた。この要因として、映連は「コロナ禍により、洋画メジャー大作の公開延期や中止が相次いだ事と、『鬼滅の刃』などアニメ作品を中心に邦画が健闘した事」と発表している。また入場人員も計1億613万7000人で前年比54.5%と半減した。なお「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は現在も国内歴代興収のトップ記録を更新しているが、昨年12月27日時点で記録した興収324億7889万円で計算すると、総額の約22%を占めている。

公開本数は邦画が506本、洋画が511本の計1017本。それぞれ183本、78本減で計261本の公開映画が減った。スクリーン数は全国合計で3616で、前年より33スクリーン増加。劇場の開館によって79スクリーン増え、閉館によって46スクリーン減った形だ。また平均入場料金は1350円と前年から10円上がった。

興行収入で10億円以上を記録した作品は、邦画が21本で前年より19本減。この21作品で興収750億円9000万円を上げた。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を含め、アニメ作品は7本。実写では「今日から俺は!!劇場版」が53億7000万円でトップ、「コンフィデンスマンJP プリンセス編」が38億4000万円で続き、テレビドラマの劇場版が上位に並んだ。また21本のうち東宝配給の作品が14本を占めている。洋画で10億円以上を記録したのは、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」「パラサイト 半地下の家族」「TENET テネット」「キャッツ」の4本のみ。興収は計161億4000万円。前年は25作品で計961億円だったため、本数・興収ともに約6分の1という厳しい結果となっている。

劇映画のソフト販売はメーカー売上が728億円で前年比78.9%、小売店売上は1108億円で前年比78.8%と縮小。Blu-rayやDVDなどによる劇映画の鑑賞人口は前年比81.1%、1億8684万人と推定されている。一方で映連に加盟する東映、東宝、松竹、KADOKAWAの映画輸出実績は、3億7644万9000ドルで前年比115%と、2000年以降で最高記録を達成。配信需要が伸び、旧作やアニメ作品を中心に好調となった。

なお2020年11月には、映連の会長を務めてきた東映代表取締役グループ会長・岡田裕介が死去。後継は東宝の代表取締役社長・島谷能成が務めることが明らかになっている。4社代表による「昨年度の総括」と「今年度の展望」については、今後の社会状況を鑑みて、後日、改めて記者会見を設け発表する予定だ。

2020年興行収入10億円以上番組(邦画)

1.「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」365.5億円(東宝 / アニプレックス)※上映中
2.「今日から俺は!!劇場版」53.7億円(東宝)
3.「コンフィデンスマンJP プリンセス編」38.4億円(東宝)
4.「映画ドラえもん のび太の新恐竜」33.5億円(東宝)
5.「事故物件 恐い間取り」23.4億円(松竹)
6.「」22.7億円(東宝)
7.「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」21.3億円(松竹)※上映中
8.「カイジ ファイナルゲーム」20.6億円(東宝)
9.「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]III.spring song」19.5億円(アニプレックス)
10.「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」17.9億円(東宝)
11.「男はつらいよ お帰り 寅さん」14.7億円(松竹)
12.「犬鳴村」14.1億円(東映)
13.「ヲタクに恋は難しい」13.4億円(東宝)
14.「罪の声」12.2億円(東宝)※上映中
15.「浅田家!」12.1億円(東宝)
16.「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」11.9億円(東宝)
17.「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」11.8億円(東宝)
18.「午前0時、キスしに来てよ」11.7億円(松竹)
19.「ルパン三世 THE FIRST」11.6億円(東宝)
20.「屍人荘の殺人」10.9億円(東宝)
21.「AI崩壊」10.0億円(ワーナー・ブラザース)

2020年興行収入10億円以上番組(洋画)

1.「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」73.2億円(ディズニー)
2.「パラサイト 半地下の家族」47.4億円(ビターズ・エンド)
3.「TENET テネット」27.3億円(ワーナー・ブラザース)
4.「キャッツ」13.5億円(東宝東和)

この記事の画像(全3件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 / 今日から俺は!!劇場版 / コンフィデンスマンJP プリンセス編 / スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け / パラサイト 半地下の家族 / TENET テネット / キャッツ / 映画ドラえもん のび太の新恐竜 / 事故物件 恐い間取り / の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。