松坂桃李、中学の先輩・松浦亜弥にサインをやんわり断られた“あの頃”回想

318

あの頃。」の完成披露報告会が本日1月18日、東京・神楽座で行われ、キャストの松坂桃李仲野太賀山中崇若葉竜也芹澤興人コカドケンタロウロッチ)、監督の今泉力哉が登壇した。

「あの頃。」完成披露報告会にて、前列左から山中崇、松坂桃李、仲野太賀。後列左から今泉力哉、芹澤興人、若葉竜也、コカドケンタロウ。

「あの頃。」完成披露報告会にて、前列左から山中崇、松坂桃李、仲野太賀。後列左から今泉力哉、芹澤興人、若葉竜也、コカドケンタロウ。

大きなサイズで見る(全25件)

松坂桃李

松坂桃李[拡大]

劔樹人の自伝的コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」をもとにした本作では、ハロー!プロジェクト所属のアイドルに青春を捧げる者たちの姿が描かれる。主人公・劔樹人を演じた松坂は、マネージャーから「松浦亜弥さんのファンの役です」とオファーを聞いた際に「“松浦先輩”か」と思ったと回想。「と言うのも僕が中学1年のとき、(同じ学校に)中学3年の松浦さんがいて、遠目で見ていたんです。『Yeah! めっちゃホリディ』とかを歌われていた頃で。その記憶がよみがえり、やるしかないと思いました」と意外な接点を明かし、「スターってこういう輝き方をするんだなと。歩くたびに残り香のようなキラキラしたものが……」と当時の松浦の印象を口にする。さらに「(中学時代に)サインをもらいに行ったんですけど、やんわり断られました(笑)」と切ない思い出も披露した。

仲野太賀

仲野太賀[拡大]

仲野は「和やかとはこういうことかと。居心地のいい時間でした」と撮影の日々を振り返る。現場では、本番直前に今泉が台本にないセリフやリアクションを耳元で指示するという演出があったようだが、仲野は「どんな“爆弾”が投下されるかわからないし、言われたら思い切りやるしかなかった」と緊張感を楽しんだ様子。今泉は「小競り合いのシーンがちょこちょこあって、本気で困っているところを撮りたいなと。(決まった)セリフでやるより空気が(伝わる)」とその意図を打ち明けた。

「スラムダンク」が“推し”だと発表する松坂桃李。

「スラムダンク」が“推し”だと発表する松坂桃李。[拡大]

イベントの様子。

イベントの様子。[拡大]

イベントでは本作のテーマにちなみ、自分の“推し”を発表するコーナーも。松坂はマンガ「スラムダンク」を挙げて「映画化するの知ってますか!? 激震が走りましたね。これがきっかけで中学時代にバスケットボールを始めたほどです」と衝撃を伝える。司会者から「特に好きなキャラクターは?」と尋ねられると、ほかの登壇者たちから「ここで(役を)決めようとしてません!?」「これ決まっちゃうな!」と野次が。松坂は「僕が入るなんてそんな……」と否定しながらも「もし何か関わることができるのであれば宣伝広告でもオリジナルのモブキャラでもやります(笑)。それだけ楽しみにしているということです!」とまんざらでもなさそうに強くアピールする。さらに司会者から「結婚したら"推し方"にも変化が出ると言うが?」と問われると、12月に結婚を発表したばかりの松坂は「僕はそんなに物を買ったりしないタイプ」と回答。「自分の健康を維持するためにしっかり体調管理していきたいと改めて思っています」と結婚後の心境を語った。

登壇者たちから結婚を祝福される松坂桃李(前列中央)。

登壇者たちから結婚を祝福される松坂桃李(前列中央)。[拡大]

最後に仲野は「撮影した1年前と今は状況がかなり違いますが、この映画は“あの頃”を懐かしんでノスタルジーに浸る映画ではない。それを経て“今”の大切さを感じる映画です」と訴えかける。松坂も「試写を観たとき、ああこれは“今”の心の栄養になる作品だなと思った。この大変な時代の中であの頃の甘酸っぱい青春、好きなものを共有していたあの時間というものを感じるだけでも心の中に優しい風が通ると思います」と思いを伝えた。

「あの頃。」は2月19日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全25件)

関連記事

松坂桃李のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「あの頃。」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 あの頃。 / 松坂桃李 / 仲野太賀 / 山中崇 / 若葉竜也 / 芹澤興人 / ロッチ / コカドケンタロウ / 今泉力哉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。