SixTONES松村北斗がananで“ひと。ときどきねこ”に、チェリまほ企画も

7222

SixTONES松村北斗が表紙とグラビアを飾ったanan 2237号が、2月10日に発売される。

anan 2237号の表紙。(c)マガジンハウス

anan 2237号の表紙。(c)マガジンハウス

大きなサイズで見る(全5件)

anan 2237号

anan 2237号
Amazon.co.jp

同号では人々を夢中にさせ、愛しい思いをあふれさせるものや事柄を扱う「愛しいきもち。」特集が展開される。松村は“ホクトホリック(=北斗中毒)”と銘打たれたグラビアで4変化。「1. 滴る、中性的 空気感」では素肌にフェミニンなレースシャツを羽織り、「2. ひと。ときどきねこ」では寝起きシーンやゴロゴロと床で一人遊びを始めるさまが捉えられた。「3. 無防備な色香」では濡れ髪とツヤ肌でシャツをはだけさせてデコルテを披露し、モードなジャケットスタイルの「4. 凛として、孤高」は凛々しく精悍なまなざしを見せる。

そしてインタビューでは「ファンが愛しさを感じるアイドルとして、必要なこと」への思いを語った。2月19日に封切りを控える主演映画「ライアー×ライアー」にちなんだ恋愛トークや、同作の主題歌であるSixTONESの新曲「僕が僕じゃないみたいだ」についても言及する。

誌面にはそのほか土屋太鳳門脇麦尾上松也松坂桃李の“愛しさの表現”に迫るページも。ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」2号連続特別企画の第1弾として赤楚衛二町田啓太劇団EXILE)の撮り下ろしと対談が掲載され、“愛しい瞬間”CLOSE UP企画にはジャニーズJr.からHiHi Jets高橋優斗なにわ男子高橋恭平が登場する。V6岡田准一の連載では、彼が「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」で共演した平手友梨奈と対談。短期集中連載「Hey! Say! JUMP カレンダーへの道」第6回は伊野尾慧にスポットが当てられる。

なお土屋が主演を務めた「哀愁しんでれら」が2月5日、門脇の主演作「あのこは貴族」が2月26日に公開。尾上と百田夏菜子(ももいろクローバーZ)の共演作「すくってごらん」は3月12日、松坂主演の「あの頃。」は2月19日より全国ロードショー。

※高橋優斗の高ははしごだかが正式表記

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

松村北斗のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ライアー×ライアー / 哀愁しんでれら / あのこは貴族 / すくってごらん / あの頃。 / ザ・ファブル 殺さない殺し屋 / 松村北斗 / SixTONES / 土屋太鳳 / 門脇麦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。