私たち普通じゃない…マーベル新作ドラマ「ワンダヴィジョン」新予告

141

マーベル・スタジオのドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」の新たな予告編がYouTubeで公開されている。

「ワンダヴィジョン」キーアート

「ワンダヴィジョン」キーアート

大きなサイズで見る(全9件)

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のその後を描くフェーズ4の第1弾作品となる本作は、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のラストで死んだはずのヴィジョンと、ワンダの結婚生活をシットコム形式で描く物語。これ以上ない幸せな日々を送る2人だったが、次第にその生活の裏に隠された謎があらわになっていく。ワンダをエリザベス・オルセン、ヴィジョンをポール・ベタニーが演じた。

映像は、ワンダが「私たち普通じゃない。記念日がないのよ」と話すシーンからスタート。さらにヴィジョンが「何かがおかしい」と困惑する様子や、ワンダの「予測がつかない」というセリフも収録された。

ベタニーは出演オファーを受けた際を振り返り「興奮したよ。本作のアイデアはとてもぶっ飛んだもので、実に見事だった」と述べ、マーベル初のシットコムとなる本作の企画を称賛。またオルセンも「(マーベル・スタジオ社長の)ケヴィン・ファイギからオファーがあったときは、興奮したわ。マーベルのほかの作品と違うものに感じられて、違う響きがあったの。本作に出演するのは、役者にとってとても楽しいチャレンジに思えたわ」とコメントしている。

「ワンダヴィジョン」は1月15日にディズニープラスで日米同時配信。

この記事の画像・動画(全9件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

エリザベス・オルセンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021 Marvel

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 エリザベス・オルセン / ポール・ベタニー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。