マーベル「ワンダヴィジョン」、ポール・ベタニーが「ワンダはヴィジョンの世界全体」

78

マーベル・スタジオのドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」より、場面写真とキャストコメントが到着した。

「ワンダヴィジョン」

「ワンダヴィジョン」

大きなサイズで見る(全19件)

「ワンダヴィジョン」

「ワンダヴィジョン」[拡大]

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のその後を描く本作は、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のラストで死んだはずのヴィジョンと、ワンダの結婚生活をシットコム形式で描くもの。夢にまで見た結婚生活を手に入れたワンダとヴィジョンだったが、次第に幸せな日々の裏に隠された謎があらわになっていく。ワンダをエリザベス・オルセン、ヴィジョンをポール・ベタニーが演じた。

「ワンダヴィジョン」

「ワンダヴィジョン」[拡大]

ディズニープラスで1月15日に配信開始され、22日17時に第3話がリリースされる本作。第2話では、ラジオから謎の人物がワンダにメッセージを投げかけてきたほか、突然庭にヘリコプターが落ちて来るなど、不可解な出来事が連続した。場面写真には、モノクロ世界でヘリコプターだけが赤く色付いたシーンなどが収められている。

「ワンダヴィジョン」

「ワンダヴィジョン」[拡大]

ワンダとヴィジョンの関係について、ベタニーは「本質的に、ワンダはヴィジョンの世界全体だと思う。それは『ワンダヴィジョン』を観ても明らかだよ」と、オルセンは「ワンダにとってヴィジョンは、彼女の人生で唯一、家族以外で家族のように感じるつながりを持つことができた人」とコメント。監督のマット・シャックマンは「2人は新しくできた友人やご近所さんに自分たちのパワーを知られないようにしようと気遣っていて、自分たちの結婚についてしつこく尋ねられ、困り果てる。どうやらすべては見た目通りではなさそうだと2人が気付き始めるのは、そのときのことなんです」と語った。

「ワンダヴィジョン」はディズニープラスで配信中。毎週金曜17時に最新話が配信される。

この記事の画像(全19件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

エリザベス・オルセンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021 Marvel

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 エリザベス・オルセン / ポール・ベタニー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。