マーベル新作「ワンダヴィジョン」1話ごとに移り変わる時代を反映したポスター完成

93

マーベル・スタジオのドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」より、ワンダ役のエリザベス・オルセンとヴィジョン役のポール・ベタニーからコメントが到着。全6種の年代別ポスターも公開された。

「ワンダヴィジョン」特別ポスター6種

「ワンダヴィジョン」特別ポスター6種

大きなサイズで見る(全10件)

「ワンダヴィジョン」は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のその後を描くフェーズ4の第1弾作品。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のラストで死んだはずのヴィジョンと、ワンダの結婚生活がシットコム形式で展開される。1話ごとに異なる時代が描かれるため、年代別ポスターは1950年代から2000年代まで、10年ごとに移り変わる時代がデザインされた。

「ワンダヴィジョン」キーアート

「ワンダヴィジョン」キーアート[拡大]

ベタニーは本作について「ワンダとヴィジョンはシットコムの世界で目覚めるんだ。そして、ある年代からある年代へと自分たちがアメリカの世紀(100年)を駆け抜けているようになぜ思えるのか、その理由をエピソードごとに見つけようとする。『この場所はどこだ? 彼らは誰だ? 何者なんだ?』と徐々にさまざまなことに気付いていくんだ」と説明。さらに「ワンダのジャーニーを描く本作では、なぜ彼女が、自分自身が理解できない場所にいるのか知ることになる。そのことが観客にシットコムの世界を経験させることになるんだ。もちろんそれだけではなく、みんなになじみのあるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアクション映画にもなっていくんだよ」と明かした。

またオルセンとベタニーから、日本のファンにメッセージが。ベタニーは「日本にいるファンの皆さん、この新しい作品を気に入ってくれることを期待しているよ。この作品がとてもおかしくて、とても感動的で、とても満足させられるものだと信じている。ぜひ『ワンダヴィジョン』を観てほしい!」と呼びかけ、オルセンは「マーベルや私たちはいつも、ファンたちのためにストーリーを作ると言っている。彼らはファンによって作られていて、彼らはファンのためにいるの。だから、私たちがこの作品作りを楽しんだのと同じぐらい、本作を楽しんでくれることを願っています」と伝えた。

「ワンダヴィジョン」は1月15日にディズニープラスで日米同時配信。

この記事の画像・動画(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

エリザベス・オルセンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 Marvel

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 エリザベス・オルセン / ポール・ベタニー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。