佐藤浩市や石田ゆり子がスクランブル交差点に登場、中村倫也は渋谷の思い出を回想

723

サイレント・トーキョー」の公開直前渋谷ジャックイベントが本日12月2日に東京・渋谷ストリームで開催され、キャストの佐藤浩市石田ゆり子西島秀俊中村倫也広瀬アリス井之脇海勝地涼、監督の波多野貴文が登壇した。

「サイレント・トーキョー」公開直前渋谷ジャックイベントの様子。後列左から井之脇海、中村倫也、広瀬アリス、勝地涼。前例左から石田ゆり子、佐藤浩市、西島秀俊。

「サイレント・トーキョー」公開直前渋谷ジャックイベントの様子。後列左から井之脇海、中村倫也、広瀬アリス、勝地涼。前例左から石田ゆり子、佐藤浩市、西島秀俊。

大きなサイズで見る(全23件)

佐藤浩市

佐藤浩市[拡大]

石田ゆり子

石田ゆり子[拡大]

本作は、クリスマスイブの東京で起きた連続爆破テロ事件に翻弄される者たちの姿を描く群像劇。この日、キャストたちは本作の舞台である渋谷スクランブル交差点を中心に、2階建てバスに乗り込んで渋谷を周遊した。佐藤は「新鮮でした。不思議なもので遠足気分になれるというか、自分たちが知っている東京を違った角度で見れました」と感想を述懐。石田は「若者グループとそうでもないグループで話していたんですが……。(かつて渋谷にあった映画館の)渋谷パンテオンを知っているかどうかで対立しました(笑)」と明かし、一同に大きな笑いを起こした。

中村倫也(奥)

中村倫也(奥)[拡大]

西島秀俊(手前)

西島秀俊(手前)[拡大]

渋谷でキャストたちと遊びに繰り出したい場所を尋ねられた中村は「宮益坂にゲーセンやビリヤード、卓球とかなんでもござれなビルがあって。そこでよく昔遊んでたなと。久しぶりに行きたいですね」と回答。自然が好きだという井之脇が「代々木公園でピクニックとかどうですか?」と答えると、中村から「おじいちゃんか!」とツッコミを受ける。また勝地は「さっきバスでアリスが倫也の写真を撮っていたんですけど、西島さんが『俺もかっこよく撮ってよ』って言うから西島さんを何回か撮り直して(笑)。そういう写真を撮り合ったりする遊びをしたいですね」と暴露。広瀬の撮影した写真をMCから「見たい」とリクエストされた西島は「見なくていいですよ!」と照れ笑いを浮かべ、広瀬は「素敵な写真が撮れたのでぜひ皆さんに見ていただきたいです!」とプッシュした。

波多野貴文(手前)、井之脇海(奥)。

波多野貴文(手前)、井之脇海(奥)。[拡大]

渋谷での撮影は、栃木・足利に建てられた巨大なオープンセットで行われた。波多野は「幸せな経験でした。人の目線の高さで撮るということを一番に心掛けていましたね」と回想。西島も1000人以上のエキストラが参加した撮影を「皆さんと集中して1つのシーンを撮れたということは自分にとって大きな経験でした。あと渋谷の交差点って、甘栗屋やスクリーンなどの位置が共有しやすいんです。実際はグリーンバックなんですけど、そういうイメージの共有が皆さんとできたことも素晴らしかったですね」と振り返った。

渋谷を周遊するキャストたち。

渋谷を周遊するキャストたち。[拡大]

最後に佐藤は「今は天災も含めいろんなことが起きている。対岸の火事ではなく、この1年で自分の足元にも火が点いているということを観る人には考えていただけると思います」と作品を紹介。そして「特殊効果やエキストラの皆さんの力など、映画を作るときの人間力も感じていただける作品です」と語った。

「アンフェア」シリーズの原作者として知られる秦建日子による小説を実写化した「サイレント・トーキョー」は、12月4日に全国で公開。

この記事の画像・動画(全23件)

関連記事

佐藤浩市のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 Silent Tokyo Film Partners

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サイレント・トーキョー / 佐藤浩市 / 石田ゆり子 / 西島秀俊 / 中村倫也 / 広瀬アリス / 井之脇海 / 勝地涼 / 波多野貴文 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。