360°カメラでスタジオライカのセットに入り込む「ミッシング・リンク」特別映像

133

ストップモーションアニメ映画「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」の制作現場を360°カメラで捉えた映像が、YouTubeで公開された。

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」メイキング写真

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」メイキング写真

大きなサイズで見る(全27件)

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」ビジュアル

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」ビジュアル[拡大]

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のスタジオライカが贈る本作は、探検家ライオネルがビッグフットの“Mr.リンク”と出会い、地球半周の旅へ出る冒険譚。クリス・バトラーが監督と脚本を担当した。

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」より、酒場を訪れたライオネル(右)とMr.リンク(左)。

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」より、酒場を訪れたライオネル(右)とMr.リンク(左)。[拡大]

今回解禁された映像は、プロダクションデザイナーであるネルソン・ロウリーが360°カメラを持ち込み、ライオネルたちが訪れる酒場のセットに潜入したもの。パソコンの場合は動画内の十字ボタン、スマートフォンの場合は画面の傾きでカメラの角度を操作でき、セットの隅々まで見渡すことができる。

ロウリーはセット内にある数百点の小道具について「家具や壁紙は全部風化させて、外からは泥を持ち込んでいる」「床はレーザー加工のミニチュアのタイルだが、やすりで傷を付けたり色落ちさせたりして、酒場全体の古びた感じに沿うようにした」と説明。またライオネルの体型と家具の関係について「体の3分の2が足で、3分の1が胴という独特な体型をしていますよね。だからテーブルも椅子も全部、この体型に合わせたデザインになっているんです」と明かした。映像の字幕はYouTubeのコメント欄で確認を。

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全27件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

クリス・バトラーのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 SHANGRILA FILMS LLC.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒 / クリス・バトラー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。