「ミッシング・リンク」ネタバレあり座談会が公開、ぬまがさワタリは象の造形に注目

72

全国公開中の「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」を語り尽くす“ネタバレあり”の座談会映像が、YouTubeで公開。イラストレーターのぬまがさワタリ、脚本家の楠野一郎、棋士の香川愛生らが参加した。

左からぬまがさワタリ、香川愛生、楠野一郎、ヒナタカ。

左からぬまがさワタリ、香川愛生、楠野一郎、ヒナタカ。

大きなサイズで見る(全22件)

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」ビジュアル

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」ビジュアル[拡大]

クリス・バトラーが監督と脚本を担当した本作は、「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」で知られるスタジオライカが贈るストップモーションアニメ。探検家のライオネルがビッグフットの“Mr.リンク”と出会い、壮大な冒険を繰り広げていく。

座談会では、楠野が昨今のアニメにおける「悪役をどうするか問題」について言及し、「ライカがこういう方向に舵を切ったのはびっくりしました」とコメント。「シャーロック・ホームズ」シリーズをこよなく愛する香川はライオネルとホームズの共通点を挙げ、生き物のイラストで知られるぬまがさは“ネッシー”や象の造形について熱弁をふるうなど、それぞれの視点で作品の魅力を掘り下げている。

この記事の画像・動画(全22件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

クリス・バトラーのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 SHANGRILA FILMS LLC.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒 / クリス・バトラー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。