産まなくても母になりたい、2人の女性描く「Eggs 選ばれたい私たち」公開

134

2018年のタリン・ブラックナイツ映画祭コンペティション作品に選ばれた「Eggs 選ばれたい私たち」が、2021年2月26日に公開される。

「Eggs 選ばれたい私たち」

「Eggs 選ばれたい私たち」

大きなサイズで見る(全13件)

「Eggs 選ばれたい私たち」メインビジュアル

「Eggs 選ばれたい私たち」メインビジュアル[拡大]

「Eggs 選ばれたい私たち」

「Eggs 選ばれたい私たち」[拡大]

本作は、子供のいない夫婦に卵子を提供するエッグドナー(卵子提供者)に志願した2人の女性を描く物語。独身主義者の純子と女性を愛する葵の関係を通して、社会から求められる女性像と実像のズレに悩みながらも、母になりたいと願う女性の姿が切り取られていく。純子と葵はどちらがドナーに選ばれるかと期待や不安を感じながら日々を過ごすが、やがて「遺伝子上の母になりたい」という同じ目的を抱き“選ばれる”ために新たな生活を始めようとする。

「Eggs 選ばれたい私たち」

「Eggs 選ばれたい私たち」[拡大]

「Eggs 選ばれたい私たち」

「Eggs 選ばれたい私たち」[拡大]

これが初の長編作品となる監督の川崎僚は「私や周りの友達の、ありのままの本音を全て曝け出した作品です」とコメント。年齢制限の30歳を目前にしながらもドナー登録をした純子を「真夏の夢」の寺坂光恵、恋人に家を追い出され純子と共同生活を始めた葵を「いたくても いたくても」の川合空が演じ、三坂知絵子新津ちせ湯舟すぴかみやべほの見里瑞穂斉藤結女荒木めぐみ鈴木達也生江美香穂高木悠衣森累珠加藤桃子すズきさだお松井香保里もキャストに名を連ねた。

「Eggs 選ばれたい私たち」は東京・テアトル新宿ほかで全国順次公開。

川崎僚 コメント

日本は経済的に恵まれているのに、精神的には豊かな国ではありません。特に女性は昔から「結婚して、子どもを産むのが一番の幸せだ」とされており、女性が働くのが当たり前になった今でも「産まない女性」の生き方は強く非難されています。卵子の減少を原因に「30歳」が女性の賞味期限だと言われることも多く、タイムリミットすれすれの20代後半の女性たちは、自分の生き方に自信が持てずにいます。「産めるのに、産まない」という選択肢をしている私の生き方は間違ってるのか…。そう悩むなか、エッグドナーという題材に巡り会い、この作品が完成しました。私や周りの友達の、ありのままの本音を全て曝け出した作品です。

この記事の画像(全13件)

寺坂光恵のほかの記事

リンク

(c)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 Eggs 選ばれたい私たち / 寺坂光恵 / 川合空 / 川崎僚 / 三坂知絵子 / 新津ちせ / 湯舟すぴか / みやべほの / 見里瑞穂 / 斉藤結女 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。