くっきー!や安達祐実がデザイン業界ドラマの対談パート登場、千原徹也と語り合う

90

連続ドラマ「東京デザインが生まれる日」の対談パートに、くっきー!(野性爆弾)、川上未映子吉澤嘉代子安達祐実が出演する。

左からくっきー!、川上未映子、吉澤嘉代子、安達祐実。

左からくっきー!、川上未映子、吉澤嘉代子、安達祐実。

大きなサイズで見る(全5件)

本作はデザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也が企画と演出を担当する、デザイン業界を舞台にした物語。若きデザイナー・小野睦役でモトーラ世理奈が出演するほか、MEGUMI、後藤淳平(ジャルジャル)、もも(チャラン・ポ・ランタン)、伊藤万理華、新井郁、奈良裕也らが共演する。脚本は清水匡が担当。

第1話より、左から千原徹也、くっきー!。(c)「東京デザインが生まれる日」製作委員会

第1話より、左から千原徹也、くっきー!。(c)「東京デザインが生まれる日」製作委員会[拡大]

千原が手がけてきたデザイン企画や作品をモチーフに、その成立のプロセスや関わった人々を描く本作。ドラマの合間には、クリエイターと千原の「対談パート」が挟まれる。第1話では雑誌bisで連載中の「女型人間くっきー」を取り上げ、くっきー!と千原が対談。第2話ゲストには川上を迎え、下着ブランド・ウンナナクールの広告を題材に「小説の言葉 / 広告の言葉」「好きなことを仕事にすること」についてトークする。

吉澤嘉代子「残ってる」ジャケット(提供:日本クラウン)

吉澤嘉代子「残ってる」ジャケット(提供:日本クラウン)[拡大]

第3話ではシンガーソングライターの吉澤が、自身の楽曲「残ってる」のCDジャケットを千原とともに手がけたエピソードを紹介。そして第4話には、千原が現在準備中の短編映画「最終日」で主演を務める安達がゲスト出演する。

「最終日」ティザー

「最終日」ティザー[拡大]

本ドラマのナレーターにも起用された安達は「千原さんは、私を枠や型に収めず、私という素材で自由に遊んでくれる人です。そして、イメージをそのまま可視化できる人なのだと思います。今回のドラマも、千原さんの頭の中にあるものを覗くことが出来るかもしれない!と、ワクワクしています」と期待を寄せている。各ゲストのコメント全文は以下に掲載した。

「東京デザインが生まれる日」は12月2日にテレビ東京でスタート。全5回にわたって放送される。

水ドラ25「東京デザインが生まれる日」

テレビ東京 2020年12月2日(水)スタート 毎週水曜 25:28~25:58

くっきー!(野性爆弾)コメント

なんとまぁ
緩やかで穏やかな時間
まるで大きな袋にシジミの中身を大量に詰め込んだマットで寝るが如く緩やかで穏やかな時間でございました。
ごゆっくり。

川上未映子 コメント

千原くんとは、初対面からすぐに打ち解けて友達のようになり、以来、色々な仕事をご一緒しています。中でも「女の子の人生を応援する」をテーマにしたウンナナクールの広告は、今年で5年目。どれも印象深く、広告と言葉の関係について、毎回、新しい発見があります。千原くんとはテンションとタイミングがそもそも似ているのか、独特の信頼関係が成り立っていて、やはり他では味わうことのできない手応えを感じています。

吉澤嘉代子 コメント

千原さんとのお仕事がドラマ化されるなんて…! こんなことが現実に起きるんだ…!とまだ驚きのさなかにいます。思えばずっと、私にとって千原さんは魔法使いで、会うたびにドキドキワクワクするドラマを見せてくれました。いつも飄々としているけれど、ふと子供のような眼差しに変わる瞬間があり、これはあたらしいことが起きる合図だなと感じます。

安達祐実 コメント

千原さんとのお仕事は、いつもスピーディーで穏やかです。
出会ってからまだ数年ですが、その短い期間に沢山のお仕事をご一緒させていただきました。
千原さんは、私を枠や型に収めず、私という素材で自由に遊んでくれる人です。そして、イメージをそのまま可視化できる人なのだと思います。
今回のドラマも、千原さんの頭の中にあるものを覗くことが出来るかもしれない!と、ワクワクしています。

この記事の画像(全5件)

関連記事

くっきーのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 くっきー / 野性爆弾 / 川上未映子 / 吉澤嘉代子 / 安達祐実 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。