劇場版「鬼滅の刃」台湾でもヒット、公開3日の初動興収がアニメ映画歴代1位に

196

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が10月30日に台湾で公開され、初日から3日間の興行収入が1.17億台湾ドル(約4.3億円)、累計動員数約47万人を記録。「アナと雪の女王2」「君の名は。」を超えて、台湾におけるアニメ映画の初動興行収入歴代1位に輝いた。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」第3弾ビジュアル

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」第3弾ビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

台湾の一部映画館では、初日に57回という驚異的な回数で上映されるなど作品への注目度が高く、公開直前に開催された「鬼滅の刃」マラソンイベントには約1万人の参加者が集まった。台湾の配給会社Muse Communicationは「初動で1億台湾ドルを超えるとは想像もしませんでした。作品を担当させていただきとても光栄です。台湾で新たな歴史を作っていきたい」とコメントしている。本日11月6日からは、台湾の映画館8館でIMAX版の上映が開始したほか、中国語吹替版も各映画館で上映が決まった。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は日本公開を迎えた初日3日間で興行収入46億円を記録し、公開10日で国内史上最速となる興行収入100億円を突破。公開3週目には興行収入約157億円、動員数1100万人を記録している。

この記事の画像・動画(全4件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

花江夏樹のほかの記事

リンク

(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 / 花江夏樹 / 鬼頭明里 / 下野紘 / 松岡禎丞 / 日野聡 / 平川大輔 / 石田彰 / 吾峠呼世晴 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。