野田洋次郎が菅田将暉の盟友役、山田洋次監督作「キネマの神様」に出演

589

山田洋次の監督作「キネマの神様」に、野田洋次郎RADWIMPS)が出演していることがわかった。

「キネマの神様」キャラクターポスター

「キネマの神様」キャラクターポスター

大きなサイズで見る(全8件)

松竹映画の前身、松竹キネマ合名社の設立100周年を記念して製作された本作。原田マハの同名小説を原作に、家族に見放されたダメ親父ゴウが若き日に信じた“映画の神様”がもたらす奇跡が描かれる。沢田研二菅田将暉が2人1役でゴウに扮し、永野芽郁宮本信子が妻・淑子の若き日と現在を演じた。

「キネマの神様」キャラクターポスター

「キネマの神様」キャラクターポスター[拡大]

野田が演じるのはゴウの盟友・テラシン。撮影所で映写技師として働く誠実な男だが、女性に対してはめっきり不器用という人物だ。野田は「物心ついた時からずっと山田監督の映画の世界に触れていた者として、今回頂いたお話はどこか絵空事のようでした」とオファー時の心境をつづり、「山田監督の演出は明確で、緻密で、何より映画への愛が溢れ出していました。もっともっと触れていたいと、監督の話を聞いてみたいと終盤に向かうに連れ名残惜しくなりました」と撮影を振り返った。

山田と朝原雄三が共同で脚本を執筆した「キネマの神様」は2021年に全国で公開。

野田洋次郎 コメント

この度「キネマの神様」に参加させて頂きました。物心ついた時からずっと山田監督の映画の世界に触れていた者として、今回頂いたお話はどこか絵空事のようでした。山田監督の演出は明確で、緻密で、何より映画への愛が溢れ出していました。もっともっと触れていたいと、監督の話を聞いてみたいと終盤に向かうに連れ名残惜しくなりました。きっとご覧になった誰しもが映画の持つ魔法に心を強く打たれることと思います。「キネマの神様」をどうぞお楽しみに。

この記事の画像(全8件)

関連記事

野田洋次郎のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021「キネマの神様」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 キネマの神様 / 野田洋次郎 / RADWIMPS / 山田洋次 / 沢田研二 / 菅田将暉 / 宮本信子 / 永野芽郁 / 朝原雄三 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。