斎藤工と永瀬正敏が語り合うWOWOW特番、「グラン・ブルー」などミニシアター作品放送

401

10月19日から22日にかけてWOWOWシネマで放送される番組「特集:ミニシアターに愛をこめて」に、案内役として斎藤工と永瀬正敏が出演決定。番組では「グラン・ブルー完全版」「さらば、わが愛/覇王別姫」 「恋する惑星」 「ブロードウェイと銃弾」を特集放送する。

左から永瀬正敏、斎藤工。

左から永瀬正敏、斎藤工。

大きなサイズで見る(全5件)

「グラン・ブルー完全版」 (c)1988 GAUMONT

「グラン・ブルー完全版」 (c)1988 GAUMONT[拡大]

「さらば、わが愛/覇王別姫」 (c)1993 Tomson Films Co.,Ltd. (Hong Kong)

「さらば、わが愛/覇王別姫」 (c)1993 Tomson Films Co.,Ltd. (Hong Kong)[拡大]

斎藤が全国のミニシアターにエールを送る同番組。今回はかつてミニシアターで映画ファンが熱狂した4作品がラインナップされた。映画の前後では斎藤と永瀬が作品の見どころを語るほか、それぞれの作品がかけられた劇場を中心にして2人が通っていたミニシアターの思い出についてもトークを繰り広げていく。

「恋する惑星」 (c)1994, 2008 Block 2 Pictures Inc. All Rights Reserved.

「恋する惑星」 (c)1994, 2008 Block 2 Pictures Inc. All Rights Reserved.[拡大]

「ブロードウェイと銃弾」 (c)1994 Magnolia Productions, Inc. Sweetland Films, B.V. All Rights Reserved.

「ブロードウェイと銃弾」 (c)1994 Magnolia Productions, Inc. Sweetland Films, B.V. All Rights Reserved.[拡大]

放送に先駆けて行われた収録で「個人的な話を言うと、僕はミニシアターに救われたんです」と話した永瀬。「知らない国の映画に出会えたり、日本でなかなか観られなかった作品が観られたりもする、驚きやワクワク感をもらえる場所だと思っていて。それは多分、映画館ごとに特色を出せるからじゃないですかね。映画を選ぶ方たちの、この映画が素晴らしいからみんなにも知ってもらいたいという思いがちゃんと伝わる場所なので」と述べ、「ミニシアターってあったかいんですよね。それをすごく感じる場所なんです」と思いを口にした。

一方、永瀬が出演してきた数々の映画をミニシアターで観てきたという斎藤。収録でジム・ジャームッシュ、エドワード・ヤン、クリストファー・ドイル、相米慎二など、これまで永瀬が一緒に仕事をしてきた国内外の映画人たちのエピソードが飛び出すと「エリック・クーをはじめ、僕の仲のいいアジアのフィルムメーカーたちと話していると、永瀬さんの名前は必然的に挙がってくる。永瀬さんが今までされてきた仕事は僕の憧れ。永瀬さんはアジア映画の1つの象徴であり、大いなるアイコンであると、なんだか勝手に誇らしくなっています」と述懐した。

さらに斎藤は「永瀬さんはミニシアターを主戦場として、僕に希望を与えてくださった方。僕がいろんな方の作品にフットワークを軽くして出ているのは永瀬さんの影響が大きい。今日は永瀬さんの大きな背中が一段と大きくなった時間でした」と語った。なお番組ロゴの「ミニシアター」という文字は、斎藤のリクエストによって永瀬が書いたものだ。

放送に入りきらなかった未公開トークは、WOWOWメンバーズオンデマンドにて10月19日より配信予定。

特集:ミニシアターに愛をこめて

WOWOWシネマ 2020年10月19日(月)~22日(木)
<放送スケジュール>
10月19日(月)23:00~「グラン・ブルー完全版」
10月20日(火)23:00~「さらば、わが愛/覇王別姫」
10月21日(水)23:00~「恋する惑星」
10月22日(木)23:15~「ブロードウェイと銃弾」

この記事の画像(全5件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 恋する惑星 / ブロードウェイと銃弾 / さらば、わが愛/覇王別姫 / グラン・ブルー完全版 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。