ノア・シュナップ主演「アーニャは、きっと来る」新カット到着、TIFFで上映も決定

116

ノア・シュナップの主演作「アーニャは、きっと来る」の新たな場面写真が解禁。あわせて、本作が第33回東京国際映画祭でスクリーンにかけられることが発表された。

「アーニャは、きっと来る」新場面写真

「アーニャは、きっと来る」新場面写真

大きなサイズで見る(全14件)

本作の舞台は、1942年、ナチス占領下にあったフランス・ピレネー山脈のふもとにある村。「ユダヤ人の子供たちを秘密裏にスペインへ逃がす」という計画を手伝うことになった羊飼いの少年ジョーの物語が描かれる。

「アーニャは、きっと来る」新場面写真

「アーニャは、きっと来る」新場面写真[拡大]

「アーニャは、きっと来る」新場面写真

「アーニャは、きっと来る」新場面写真[拡大]

場面写真にはシュナップ演じるジョーがユダヤ人を救うため奮闘するさまや、ジャン・レノ扮する祖父アンリの姿などが切り取られた。本作は10月31日から開催される第33回東京国際映画祭において、特別招待作品としてジャパンプレミアが行われる。

児童文学作家マイケル・モーパーゴによる小説をベン・クックソンが映画化した「アーニャは、きっと来る」は、11月27日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全14件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

ノア・シュナップのほかの記事

リンク

(c)Goldfinch Family Films Limited 2019

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アーニャは、きっと来る / ノア・シュナップ / ジャン・レノ / ベン・クックソン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。