ジャン・レノ

ジャンレノ

スペイン人を両親にモロッコで生まれる。高校、演劇学校を終えて、パリに移住。1983年にリュック・ベッソン監督の「最後の戦い」に出演し、注目される。「レオン」(1994)でリュック・ベッソンとともにアメリカに進出を。「グラン・ブルー」(1988)でのエンゾ役は特に印象深い。