村上虹郎が「ソワレ」イベントで中村文則とトーク、“絶対に断れない”オファーを回想

109

ソワレ」のトークイベントが本日9月20日に東京・テアトル新宿で行われ、キャストの村上虹郎が登壇。ゲストとして作家の中村文則もリモートで参加した。

「ソワレ」トークイベントより、村上虹郎。

「ソワレ」トークイベントより、村上虹郎。

大きなサイズで見る(全3件)

「ソワレ」ポスタービジュアル

「ソワレ」ポスタービジュアル[拡大]

外山文治が監督した本作は、俳優を目指しながらもオレオレ詐欺で食い扶持を稼ぐ翔太と、高齢者施設で働くタカラの切ない逃避行を描く物語。村上が翔太、芋生悠がタカラを演じた。

「ソワレ」トークイベントの様子。

「ソワレ」トークイベントの様子。[拡大]

村上が主演した「銃」の原作者である中村。「『ソワレ』は好きな映画でした。観ている人にとってはきついシーンもあるかもしれないけど、それが重要なところでもあると思いました。すごくよかったです」と語り、プロデューサーを務めた豊原功補小泉今日子については「さすがだと思います。映画が好きな人が作った映画だなと思いました」とたたえる。村上は「豊原さん、小泉さんとは4年ほど前に舞台で一緒だったんです。その後、外山監督の短編にも出させていただいたんですが、僕が知らないうちに3人がつながっていたんです。結託して僕のところにオファーが来た。『絶対に断れないだろ、お前』って圧がすごかったです(笑)」と振り返った。

外山にとって2本目の長編映画となった本作。村上は「外山監督はこれまで短編、中編でやってきたことが、長編になるということで、気合いが入っていたんですが、豊原さんは長編だからとか商業映画だからじゃなく、外山監督らしくあれと、追求していました。僕も脚本開発の早い段階からお話をいただいて、とても稀有な体験でしたね。作っていく過程が楽しかったです」と回想する。

イベント中盤には中村が村上との印象に残っているエピソードを披露する場面も。中村は「『銃』に主演したとき、虹郎くんがプロデューサーに『ポスター撮影を早い時期にしてほしい』と頼んだという話が印象に残っています。『役に入り込んでハマっているときと顔が変わってしまうから』と。その話を踏まえて『ソワレ』を観ると、やっぱり顔が違うんですよね。役者って不思議だなと思いました」と言及した。

最後に村上は「(新型コロナウイルスで)地方も大変だという話を聞いています。もしこの映画が心に残ったら、『地方にも届け』という思いをいただけるとうれしいです」と呼びかけ、イベントの幕を引いた。

「ソワレ」はテアトル新宿ほかで公開中。

この記事の画像(全3件)

関連記事

村上虹郎のほかの記事

リンク

(c) 2020ソワレフィルムパートナーズ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ソワレ / 村上虹郎 / 外山文治 / 豊原功補 / 小泉今日子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。