是枝裕和の新作にソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナが出演

1816

是枝裕和が韓国映画「ブローカー(仮題)」で監督と脚本を担当することが決定。ソン・ガンホカン・ドンウォンペ・ドゥナが出演することがわかった。

上段左から是枝裕和、ソン・ガンホ(提供:CJエンターテインメント)。下段左からカン・ドンウォン(提供:CJエンターテインメント)、ペ・ドゥナ(提供:ジョルジオ アルマーニ ビューティー)。

上段左から是枝裕和、ソン・ガンホ(提供:CJエンターテインメント)。下段左からカン・ドンウォン(提供:CJエンターテインメント)、ペ・ドゥナ(提供:ジョルジオ アルマーニ ビューティー)。

大きなサイズで見る(全4件)

本作は、子供を育てられない人が匿名で赤ちゃんを置いていくことができるように用意された“ベビーボックス”を巡って出会った人々の物語。韓国の映画会社ジップが制作し、CJエンターテインメントが配給を担当する。

是枝は「始まりは、やはり、役者さんでした。ソン・ガンホさんとは最初は釜山映画祭で、カン・ドンウォンさんは仕事で東京に来た時にお会いして以来、お二人と、東京や、ソウルや、釜山や、カンヌで交流を続けてきました」とコメント。自身の監督作「空気人形」で主演に迎えたペ・ドゥナについては「『また必ず一緒に、次は人間の役で』と固く誓っていたので、10年越しの夢が叶ったことになります」と述べている。

「ブローカー」のクランクインは2021年になる予定。

是枝裕和 コメント

この「ブローカー」(仮)は、コロナ自粛中に「愛の不時着」や「梨泰院クラス」にハマったからやることになったわけではもちろん無く(ハマったのは事実ですが)、企画のスタートは、今から5年ほど前に遡るかと思います。
始まりは、やはり、役者さんでした。ソン・ガンホさんとは最初は釜山映画祭で、カン・ドンウォンさんは仕事で東京に来た時にお会いして以来、お二人と、東京や、ソウルや、釜山や、カンヌで交流を続けてきました。
最初はご挨拶程度でしたが、お話を重ねていくうちに、一緒に映画を、という流れに自然と変化していきました。
ペ・ドゥナさんとは2009年にご一緒してから、「また必ず一緒に、次は人間の役で」と固く誓っていたので、10年越しの夢が叶ったことになります。この3人はもとより、今回は尊敬する韓国のキャスト、スタッフの皆さんの胸を借りる気持ちで撮影に臨みます。
「ブローカー」(仮)はベビーボックスを巡る話です。
頭の中で3人の名優を動かしながら、今脚本を書いているところで、僕自身が多分1番ワクワクしております。このワクワクを皆さんに共有していただけるような、スリリングで、ヒリヒリする、それでいて切ない映画にしたいと思っています。
今回は、僕にとっては前作に続いて母国と母国語を離れての映画作りになります。言語や文化の違いを超えて一体何が伝わり、共有出来るのか? そもそも監督とはどういう存在なのか? 作品作りを通して、もう少し踏み込んで模索してみたいと思っています。

この記事の画像(全4件)

関連記事

是枝裕和のほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 是枝裕和 / ソン・ガンホ / カン・ドンウォン / ペ・ドゥナ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。