特集「肌蹴る光線」が京都で、清原惟の監督作や中平卓馬のドキュメンタリーなど5本

40

特集上映「肌蹴る光線 ―あたらしい映画―」が、8月21日から30日にかけて京都・出町座で行われる。

画「肌蹴る光線 ―あたらしい映画―」ビジュアル

画「肌蹴る光線 ―あたらしい映画―」ビジュアル

大きなサイズで見る(全54件)

「ひとつのバガテル」

「ひとつのバガテル」[拡大]

「カメラになった男/写真家 中平卓馬」

「カメラになった男/写真家 中平卓馬」[拡大]

「肌蹴る光線 ―あたらしい映画―」は上映機会の少ない映画を発掘し広めることを目的とした企画。このたびの特集では今まで同企画で紹介された作品の中から、5本がスクリーンにかけられる。ラインナップには「わたしたちの家」の清原惟が監督を務めた「ひとつのバガテル」、詩人であり映画作家のジョナス・メカスが手がけた「幸せな人生からの拾遺集」、写真家・中平卓馬のドキュメンタリー「カメラになった男/写真家 中平卓馬」、ポルトガルの青春映画「ジョン・フロム」、ガーナ映画「コジョーの埋葬」が並んだ。上映スケジュールは近日、劇場公式サイトで発表される。

「リトアニアとソ連の崩壊」

「リトアニアとソ連の崩壊」[拡大]

また京都・誠光社では8月16日から30日にかけて10時から20時までの営業時間内に、メカスによる「リトアニアとソ連の崩壊」を店内の壁に投影する。

「肌蹴る光線 ―あたらしい映画―」特集

2020年8月21日(金)~30日(日)京都府 出町座
料金:一般 1800円 / シニア 1100円 / 学生、障害者、会員 1000円 / 会員同伴 1300円(2名まで)
※障害者の介助者1名も同料金
<上映作品>
「ひとつのバガテル」
「幸せな人生からの拾遺集」
「ジョン・フロム」
「カメラになった男/写真家 中平卓馬」
「コジョーの埋葬」

この記事の画像(全54件)

清原惟のほかの記事

リンク