映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

わたしたちの家

わたしたちの家

ワタシタチノイエ

解説

東京芸術大学大学院で黒沢清、諏訪敦彦の両監督に師事した清原惟監督の劇場デビュー作。同大学修了作品として制作され、第39回ぴあフィルムフェスティバルでグランプリを受賞した。父親を失った少女と記憶を失った女性のまったく別々の物語が、ひとつの“家“のなかで交錯し、映画史上に類をみない構造をもつ謎にみちた室内劇が展開される。

ストーリー

もうすぐ14歳になるセリは父親が失踪して以来、母親とふたりで暮らしている。ある日、目覚めると記憶をなくしていた女・さなは乗っていたフェリーで透子という女と出会い彼女の家に住まわせもらうことになる。ある一軒の家のなかにふたつの時間が流れていた。

2018年1月13日(土)公開 / 上映時間:80分 / 製作:2017年(日本) / 配給:HEADZ

(C)東京藝術大学大学院映像研究科

(C) PIA

わたしたちの家のニュース

映画ナタリーをフォロー