「BG」木村拓哉が“今までにない戦いの日々”を完走、「僕らの160%を受け取って」

1967

本日7月30日に最終回が放送されるドラマ「BG~身辺警護人~」。同作で主演を務めた木村拓哉のコメントが到着した。

木村拓哉

木村拓哉

大きなサイズで見る

「BG~身辺警護人~」は、木村演じる主人公・島崎章が、私設ボディガードとして奮闘するさまを描いた物語。斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗らシリーズおなじみのキャストのほか、最終回には市川海老蔵が本人役でゲスト出演する。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影が一時中断され、放送エピソードが全7話に縮小された本作。クランクアップを迎えた木村は「“今までにない戦いの日々”でした」とこれまでを振り返る。現場から感染者を出さないよう、細心の注意を払いながら制作が進められたそうで「出演者が次々とクランクアップしていく中でも、本当だったら最後に『ありがとう!』と言ってハグもしたいし、ハイタッチもしたいし、握手もしたいけど……できませんからね」とたびたび悔しい思いをしたことを明かした。

そして彼は「本気になってくれる現場の人たちを目の当たりにすることで、僕もギアを入れさせてもらえることが多々あった」と本作のために尽力した人々に感謝を伝え、「僕自身も皆さんのギアを入れられるような存在として、これからも現場に立ちたいですし、もしまたこのチームと会えるときがくるならば、お互いに全力を出し合いたいです。そのために、フィジカル面もメンタル面もさらに鍛え、整えておこうと思います」と意気込みを語る。さらに「今の自分たちにできることは、160%やり尽くしたと自負しています。僕らの160%を受け取っていただけたらうれしいです!」と視聴者にメッセージを送った。

「BG~身辺警護人~」最終回は、21時からテレビ朝日系でオンエア。

「BG~身辺警護人~」最終話

テレビ朝日系 2020年7月30日(木)21:00~22:14 ※拡大スペシャル

関連する特集・インタビュー

関連記事

木村拓哉のほかの記事

リンク

関連商品