TOHOシネマズ池袋は7月3日オープン!“轟音”体感できる日本初導入の音響も

1354

2020年7月3日に開業する映画館・TOHOシネマズ 池袋の内覧会が、本日6月17日に開催された。

TOHOシネマズ 池袋の入口。

TOHOシネマズ 池袋の入口。

大きなサイズで見る(全11件)

TOHOシネマズ 池袋の外観。

TOHOシネマズ 池袋の外観。[拡大]

TOHOシネマズ 池袋の大階段。

TOHOシネマズ 池袋の大階段。[拡大]

同劇場は豊島区庁舎跡地および豊島公会堂跡地の再開発プロジェクトで東京・池袋駅東口に新設されるエリア・Hareza池袋にオープン。Hareza池袋は豊島区が掲げる「国際アート・カルチャー都市」のシンボルとして多様な文化を発信することを目指し、8つの異なる個性を持った劇場を備える。駅から徒歩5分のTOHOシネマズ 池袋はそのうちの1つで、オフィス棟の2階から6階に10スクリーンを擁した、1735席のシネマコンプレックスとして誕生する。

TOHOシネマズ 池袋のロビー。

TOHOシネマズ 池袋のロビー。[拡大]

TOHOシネマズ 池袋の10番シアター。

TOHOシネマズ 池袋の10番シアター。[拡大]

音にこだわる映画館として、TOHOシネマズ 日比谷で好評を博している独自規格のプレミアムシアターを6番シアターと10番シアターに導入。壁いっぱいに広がるTCXのスクリーンが映し出す迫力ある映像や、ジーベックスとイースタンサウンドファクトリーの2社が共同設計したスピーカーによる繊細な音響体験を味わうことができる。特に10番シアターでは、日本で初めてカスタムスピーカーによるドルビーアトモスを実現。スピーカー毎に自在に音を配置・移動できる立体音響という強みを持っているほか、通常の映画館の音響とは異なるコンサートホールのような残響や反響をエフェクトで再現できる。これによってライブやコンサート、ミュージカルといった非映画コンテンツを上映する際に、もともとの会場の設計に合わせたエフェクトを作品ごとに設計することも可能となる。

TOHOシネマズ 池袋の2番シアターに設置されているアイソバリック方式のサブウーファー。

TOHOシネマズ 池袋の2番シアターに設置されているアイソバリック方式のサブウーファー。[拡大]

この日案内してくれた担当者曰く「轟音を体感できる」のが、映画館としては日本初導入となるアイソバリック方式のサブウーファーを設置した2番シアターだ。巨大なウーファーはそのパワーも通常の1.5倍から2倍で、スクリーン直下の両脇に配置されている。デモ上映されたアクション映画の爆破シーンでは、文字通り空気が震えて鳥肌が立つ感覚を覚えた。

TOHOシネマズ 池袋支配人の古澤友広氏。

TOHOシネマズ 池袋支配人の古澤友広氏。[拡大]

池袋駅東口は、TOHOシネマズ 池袋の開業によって、池袋HUMAXシネマズ、グランドシネマサンシャインも加えた3つのシネマコンプレックスが徒歩数分の場所にひしめくエリアに。支配人の古澤友広氏は「私どもの映画館も完成したことで、池袋を『映画を観に行く街』として一緒に盛り上げていけたら」と意気込みを語る。初年度の目標は新型コロナウイルス感染拡大の影響により見通しが立ってない状況で、広報の担当者は「安全対策をしっかりしてお客様に安心して映画を鑑賞していただける空間をご提供したい」とコメント。同劇場ではほかのTOHOシネマズと同様、AI検温システムや消毒液、ペーパータオルの設置といった対策が行われる。

この記事の画像(全11件)

関連記事

リンク