河瀬直美や平田オリザ、MIYAVIがアートの力を考える、オンラインディベート実施

350

「文化とコロナウイルス~アートの力を考える~」と銘打たれたオンラインディベートが明日5月23日に実施され、河瀬直美がモデレーターとして参加する。

ユネスコオンラインディベート ResiliArt Japan「文化とコロナウイルス~アートの力を考える~」告知ビジュアル

ユネスコオンラインディベート ResiliArt Japan「文化とコロナウイルス~アートの力を考える~」告知ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

これは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が呼びかける世界的なオンラインディベートプロジェクトの1つ。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、活動を停止しているアーティストやクリエイターなどの声を発信し、文化を巡るさまざまな課題解決への努力につなげることを目的に行われる。

ディベートには河瀬のほかに劇作家・演出家の平田オリザ、俳優の別所哲也、ギタリストのMIYAVI、ピアニスト・美術家の向井山朋子が出席。アーティストが直面している問題をはじめとして、クリエイティブな職業に及ぼされた財政的な影響、現在や収束後に政府や国家機関などがアーティスト支援のために行えること、文化政策および資金調達モデルの企画・立案・実施に関するトークが繰り広げられる。同企画はなら国際映画祭のFacebookから誰でも参加が可能だ。

河瀬直美

河瀬直美

河瀬は「現状を嘆くだけではなく、ここでの提言は、日本政府やユネスコの加盟国へ共有し、具体的な政策に反映されることを目指します」と同企画への意気込みをつづる。そして「どの世代の方々にもお聞きいただけるように、具体的かつ、明るい未来を照らすようなお話を展開してゆきます」とメッセージを送った。

なお、河瀬の監督作「朝が来る」は近日公開。

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

ユネスコオンラインディベート ResiliArt Japan「文化とコロナウイルス~アートの力を考える~」

2020年5月23日(土)20:00~22:00
<モデレーター>
河瀬直美
<パネリスト>
平田オリザ / 別所哲也 / MIYAVI / 向井山朋子
視聴URL:https://www.facebook.com/naraiff

河瀬直美 コメント

この度は、日本のトップクリエイターの方々と共に、
コロナ禍での芸術業界の現状や、様々な課題、解決していく策などを話し合います。
現状を嘆くだけではなく、ここでの提言は、日本政府やユネスコの加盟国へ共有し、
具体的な政策に反映されることを目指します。

どの世代の方々にもお聞きいただけるように、
具体的かつ、明るい未来を照らすようなお話を展開してゆきます。

この記事の画像(全2件)

リンク

関連記事

関連商品