林遣都×小松菜奈のW主演作「恋する寄生虫」2021年公開、初めて恋に落ちる2人に

5346

林遣都小松菜奈がダブル主演する「恋する寄生虫」が2021年に全国で公開されることがわかった。

左から林遣都、小松菜奈。

左から林遣都、小松菜奈。

大きなサイズで見る(全2件)

三秋縋「恋する寄生虫」(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)

三秋縋「恋する寄生虫」(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)

三秋縋の同名小説を原案とした本作は、極度の潔癖症により誰とも人間関係を築けず孤独に過ごす青年・高坂賢吾と、視線恐怖症で不登校の女子高生・佐薙ひじりが織りなすラブストーリー。露悪的な態度を取る佐薙に辟易していた高坂だったが、それが弱さを隠すためのものだと気付き共感を抱くように。クリスマスに手をつないで歩くことを目標にリハビリを始めた2人は初めての恋に落ちていく。

林が高坂、小松が佐薙を演じる。CMやミュージックビデオを中心に手がけてきた柿本ケンサクが監督を務め、「長い散歩」「眉山(びざん)」「トワイライト ささらさや」の山室有紀子が脚本を執筆した。

林は「小松さんは、自分の役の気持ちを大事に演じられる印象があり、とてもストイックで、しっかりお互いの心を通わせながら気持ちをぶつけ合うことが出来ました」とコメント。小松は「林さんの現場に挑む姿勢は勉強になることばかりでした。演じる役や作品に対する姿勢やアプローチがとてもカッコ良く、そしてセリフや演技について相談すると倍にしてアドバイスを返してくれました」と述べている。

林遣都 コメント

「恋する寄生虫」は普通の恋愛映画ではないファンタジックな要素もありつつ、軸として描かれるのは人の心の変化です。
人生に行き詰っていた人間が、誰かと出会って感じたことがない喜びを味わい、思いがけないところにたどり着く。
この映画も、誰も想像出来ない世界が広がっている新しいラブストーリーになっていると思います。
撮影もこれまでに味わったことがない印象的なものでした。
物語は高坂と佐薙の二人の関係性をメインに進んでいきますがさらに内容や設定にも一癖あり難しい役柄です。
毎回想像を超えるアイディアをくださった柿本監督に出会えたことは、大事な出会いになりました。
小松さんは、自分の役の気持ちを大事に演じられる印象があり、とてもストイックで、しっかりお互いの心を通わせながら気持ちをぶつけ合うことが出来ました。
きっと今まで見たことのない恋愛映画になっていると思うので、観ていただける皆さんには登場人物それぞれの感情の変化を想像しながら楽しんで頂ければ嬉しいです。

世の中がいつ抜け出せるか分からない大変な危機に瀕していますが、細心の注意を払い、一刻も早く穏やかな日常が再び訪れることを心から祈っています。

小松菜奈 コメント

“寄生虫”がキーワードになるラブストーリーという今までにないユニークな作品で、柿本監督と林さんとこの作品でご一緒出来たことは非常に光栄でした。社会に馴染めない不器用な二人の恋愛は初々しく新鮮で、佐薙ひじりを演じる日々はとても愛おしく楽しい時間でした。視線恐怖症に苦しむ繊細なキャラクターである佐薙ひじりを演じるうえで、迷いや不安もありましたが、撮影が進んでいく中で彼女を理解していき、最後には素直に感情をぶつけられたと思います。
林さんの現場に挑む姿勢は勉強になることばかりでした。演じる役や作品に対する姿勢やアプローチがとてもカッコ良く、そしてセリフや演技について相談すると倍にしてアドバイスを返してくれました。今回ご一緒出来てとても嬉しかったです。
素敵な物語に柿本監督の個性が混ざり合い、きっとこれまでにない新しい作品になっていると思います。

今や明日何が起こるか分からない不安定な状況が続いていますが、一日も早く世の中に明るい光が差す事を心より願っています。

柿本ケンサク コメント

小説「恋する寄生虫」をどのように映画化したいと考えたか

僕は「恋する寄生虫」というラブストーリーを通して<心>の在り方についてを描きたいと考えました。
人間の心はどこにあるのか? 心は目にも見えないし形もないけど確かにそこにある。
主人公の二人は虫に寄生され、そのせいでこの社会に馴染めずにいます。
社会不適応に苦しむ二人こそが弱さを知る者なのです。
今、社会全体が大変な状況に置かれている中、自分を含む多くの人が未来への希望を失う危機に瀕しています。
こういう状況だからこそ、本当に大切なものが何かを見失わないよう常に自分自身の心に耳を傾けたい、そんな思いを込めて現場に臨みました。

林遣都、小松菜奈について

林さんが、この映画に心を、小松さんが命を与えてくれました。
主人公二人が抱える不安や悩みは目に見えるものではなく、心の奥の方に隠れています。
そんな弱さを演じるのは簡単なことではない。その弱さに真剣に向き合ってくれたことに僕は日々、学びを得ました。
結果、僕が想像していたものを遥かに超え、新しい物語へと成長させてくれました。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2021「恋する寄生虫」製作委員会