映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

シム・ウンギョンが衝撃を受けた日本映画は?鶴瓶とラジオ番組でトーク

286

左から笑福亭鶴瓶、シム・ウンギョン。

左から笑福亭鶴瓶、シム・ウンギョン。

新聞記者」で第43回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞に輝いたシム・ウンギョンが、3月22日にオンエアされるニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」に出演する。

笑福亭鶴瓶がパーソナリティを務める同番組。鶴瓶が同映画賞の授賞式でシム・ウンギョンのスピーチに感動し、オファーをしたことによってこのたびのゲスト出演が実現した。番組では授賞式のエピソードや、9歳から子役として活躍している韓国での話、3年前から本格的に勉強を始めたという日本語の話など、鶴瓶が“今シム・ウンギョンに聞きたいこと”が掘り下げられていく。

そのほかシム・ウンギョンが、カルチャーショックを受けた日本映画に関するトークを繰り広げる場面も。彼女は「大先輩にお会いできて、光栄でした。また呼んでいただきたいです」と、鶴瓶は「素敵な方やったなぁと思います。いい出会いでした」とそれぞれコメントした。

「新聞記者」は、現在再上映中。

笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ

ニッポン放送 2020年3月22日(日)16:00~17:30

シム・ウンギョン コメント

今回、鶴瓶さんのラジオに呼んでいただき、話すことが出来てとても嬉しかったです。大先輩にお会いできて、光栄でした。また呼んでいただきたいです、また来ます!

笑福亭鶴瓶 コメント

自分が25歳のとき、海外へ行ってインタビューされたらどうなっていただろうと思います。韓国から日本に来て、知らない土地で、あの落ち着きと精神状態でやれるというのは、親御さんのしつけと周りの環境がすごく良いんでしょうね。
素敵な方やったなぁと思います。いい出会いでした。

映画ナタリーをフォロー