映画「新聞記者」 PR

劇場支配人に聞く「新聞記者」現象|圧倒的熱量が呼んだ拍手喝采、現場から見た異例の興行 角川シネマ有楽町 支配人 原田路也

異例の興行を見せる「新聞記者」の公開からおよそひと月が経過した。現代日本の政治やメディアを取り巻く状況、まさに“たった今”を虚実ないまぜに描くことで、現実を撃ち抜くフィクションの力を見せつけた本作。当初この種の作品にしては「拡げすぎ」と言われた143館という封切りにもかかわらず満席が続出。8月4日時点で興行収入4.8億円、動員39万人というヒットを飛ばしている。今回、映画ナタリーでは東京・角川シネマ有楽町の支配人・原田路也氏に取材した。先日のイベント開催時に「新聞記者」の動員が劇場新記録となったことが伝えられた同館。ダブル主演を務めたシム・ウンギョンと松坂桃李も驚いた「新聞記者」現象とは? 現場の声を聞いた。

取材・文・撮影 / 奥富敏晴

松坂桃李も感嘆!熱量が呼んだ拍手喝采

「新聞記者」
「新聞記者」

「1回だけじゃなく何度も。珍しくない回数、拍手が起こっていました。長年映画館に勤めていますが、記憶にないですね」。角川シネマ有楽町の支配人・原田路也はそう証言する。むろん固定ファンのいるシリーズ作品の初週や舞台挨拶付き上映での拍手喝采は決して珍しくない。しかし、通常の平日興行で拍手が自然と湧き起こるのは極めて異例だ。あくまでサスペンスを基調としたフィクションだが、ここ数年の日本で起きた現在進行形の事件を想起させる本作。観客は映画の中で闘い続ける「個」の姿に、そして本作を作り上げた製作陣の大胆不敵な試みに賛辞を贈ったのか? 全国の劇場からも複数報告されており、本作が観客の心の何かを刺激したのは間違いない。大ヒット御礼舞台挨拶では、この現象に松坂桃李も「映画の熱量とお客様の熱量があったからだと感じます!」と喜びを爆発させ、シムも「まだ信じられない。はかり知れません!」と目を丸くさせた。「ふらっと訪れ、その場に居合わせたお客様が一番感動していると思います」と原田。まだ間に合う。予期せぬ拍手との遭遇があなたを待ち受ける! 忘れられない映画体験を。

山田洋次や是枝裕和も称賛、伝播する熱

「新聞記者」
2018年12月から角川シネマ有楽町で支配人を務める原田路也氏。長年ユナイテッド・シネマ系列のシネマ・コンプレックスに勤めていた。

興行通信社が発表する週末動員ランキングでは初週に10位を記録。翌週には前週比の興収104.1%、動員102.9%という伸びを見せ、なんと8位に浮上した。参院選を前に「今観るべき映画」として著名人がSNSで推薦していたほか、全国の劇場からは「中高年を中心にヒット」という声が数多く届いている。山田洋次、是枝裕和、白石晃士、上田慎一郎といった錚々たる映画監督や古舘寛治、八嶋智人、上野樹里など第一線で活躍する俳優、カンニング竹山やビビる大木といったテレビタレントも本作に言及していた。原田は「徐々に年齢が下がっていった印象です。土日祝日になってくると学生さんや親子連れなど、若い方もお見かけしました」と客層を分析し、公式SNSを運用しながらソーシャルメディアの声を日々チェックしている宣伝担当も「公開当初は政治意識の高い人たちが多く駆け付けてくれました。その後、確実に若い人の鑑賞報告が増えていったんです。一時期の口コミ数では『アラジン』などディズニーの並みいる超大作に次いで『新聞記者』という、ちょっと信じがたいランキングになっていた」と驚嘆している。新聞社や各省庁の近隣に位置する角川シネマ有楽町には、わざわざ遠方から鑑賞に訪れる観客もいたという。原田は「日本の中枢に近いところで観たいという意識がお客様の中にもあったのかもしれませんね。断言はできませんが、新聞記者さんなのかな?という方も多くいました」とその熱の広がりを実感している。

満席続出!異例のロングラン

「新聞記者」
「新聞記者」

原田曰く、ピーク時には満席や問い合わせが続出。公開から数週間経った平日興行にもかかわらず、満席で入場を断る事態もたびたびあった。パンフレットの購買率も異常に高く、配給会社が完全に見誤り連日完売になったという。何よりリピーターと劇場を初めて訪れる観客が多かった。「全国の映画館の方が感じていると思います。この割合が多いのは現象化している証拠。映画好き以外の人にも届いているという実感がありますね。映画館に来るのは10年ぶりという方もいらっしゃいました」。政治を題材にした映画は当たらない──、「新聞記者」は近年の映画界でまことしやかにささやかれていた噂を一蹴した。当初、興行を後押しした政治意識の高い観客や松坂桃李のファンだけでなく、映画の熱烈な支持者が生まれ、TwitterをはじめとしたSNSでの熱狂は日に日に増している。10回以上鑑賞したという強者も多数。原田は期待を込めてこう語った。「ほかの新作映画も公開されますが終わらせたくないですね。できる限り続けていきたい」。現在、新たに上映の決まった劇場は30を超え、「新聞記者」現象は拡大の一途をたどっている!

「新聞記者」
2019年6月28日(金)より全国公開中
ストーリー

ある夜、東都新聞社に「医療系大学の新設」に関する極秘公文書が匿名FAXで届いた。表紙に羊の絵が描かれた同文書は内部によるリークなのか? それとも誤報を誘発するための罠か?書類を託された記者・吉岡は真相を突き止めるべく取材を始める。一方で内閣情報調査室、通称・内調で働くエリート官僚の杉原は、現政権を維持するための世論コントロールという仕事に葛藤していた。外務省時代の上司・神崎がビルの屋上から身を投げたことにより、杉原は内閣に対する不信感を募らせていく。そして神崎の通夜が行われた日、偶然にも言葉を交わした吉岡と杉原。2人の人生が交差した先に、官邸が強引に進めようとする驚愕の計画が浮かび上がる。

スタッフ / キャスト

監督:藤井道人

脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人

原案:望月衣塑子「新聞記者」、河村光庸

出演:シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司ほか