成海璃子、山崎紘菜、常盤貴子らが歌って踊る「海辺の映画館」本編映像

222

大林宣彦の最新作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」のミュージカルシーンがYouTubeで解禁された。

「海辺の映画館―キネマの玉手箱」

「海辺の映画館―キネマの玉手箱」

大きなサイズで見る(全4件)

「海辺の映画館―キネマの玉手箱」ポスタービジュアル

「海辺の映画館―キネマの玉手箱」ポスタービジュアル

本作では無声映画やトーキー、アクションやミュージカルなど、手法やジャンルを越えた映画表現が展開していくことが大きな見どころに。今回解禁された映像には、女優たちが鮮やかなドレスでタップダンスを披露し歌うミュージカルシーンが収録された。成海璃子山崎紘菜常盤貴子吉田玲、そして高橋幸宏が登場する。

「海辺の映画館―キネマの玉手箱」

「海辺の映画館―キネマの玉手箱」

大林組に初参加した成海は「たくさんの要素が詰まった、玉手箱のような作品です。大林監督の気迫に触れ、劇場で圧倒されてください」と話し、大林組へは4回目の参加となった山崎は「初めてこの映画を観たあとは、『とんでもない映画を観てしまった!』という衝撃で放心状態でした。すごかった……このひと言を発することで精一杯。そんな摩訶不思議な映画体験をぜひ皆さんにもしていただきたいです。皆様の想像の5倍は軽く超えてくると思いますので、心してご覧ください!!」と期待をあおった。

また常盤は「次回作のためにタップダンスの練習をと、どんな映画かもわからないのに、ただひたすらに練習を続けた俳優部。撮影時期が延びたと言われ、テンヤワンヤ。私も、一度はあきらめたものの、二転三転四転五転。出られる!と決まったときの喜びは忘れられません。大林組の全スタッフ、キャストとともに、今できる限りのパフォーマンスと想像力で大林宣彦という大好きな監督の現代アートの一部を担えたことは私の誇りです」と出演の喜びを語っている。

「海辺の映画館―キネマの玉手箱」は4月10日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

※「海辺の映画館―キネマの玉手箱」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください

この記事の画像・動画(全4件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2020「海辺の映画館—キネマの玉手箱」製作委員会/PSC