アイヌ少年の成長を描いた作品、トライベッカ映画祭コンペ部門に選出

104

「リベリアの白い血」の福永壮志が監督を務めた「AINU MOSIR」が、アメリカ現地時間4月15日に開幕する第19回トライベッカ映画祭のインターナショナル・ナラティブ・コンペティション部門に選出された。

「AINU MOSIR」

「AINU MOSIR」

大きなサイズで見る

北海道・阿寒湖アイヌコタンを舞台とする本作は、アイヌの血を引く14歳の少年カントの成長を描いた作品。カント役の下倉幹人をはじめ、現地に住むアイヌの人々が出演している。またリリー・フランキー三浦透子がゲスト出演した。

「AINU MOSIR」は2020年秋に東京・ユーロスペースほか全国で公開される予定。

関連記事

福永壮志のほかの記事

リンク

(c)AINU MOSIR LLC/Booster Project