映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

芦原健介の監督作「その神の名は嫉妬」上映、嫉妬心抑えられない男を描く

84

芦原健介が主演と監督を務めた「その神の名は嫉妬」が、4月25日より東京の池袋シネマ・ロサにて1週間限定で上映される。

うだつの上がらない男・増田が友人の成功をねたむあまり暴走してしまい、大切にしていたはずの日常を壊してしまうさまを描いた本作。俳優として活躍する友人に対して嫉妬心を抑えきれなくなっていた増田の前に「神父」と名乗る男が現れたことで物語は展開していく。

不動産会社で営業として働く増田を芦原、増田の恋人を新井郁が演じたほか、日下部そう中川智明後藤ユウミ二ノ宮隆太郎松下幸史、谷仲恵輔もキャストに名を連ねた。芦原は「内容はフィクションですが、当時の私は作品に出てくる増田のように本当に器の小さい、嫉妬にとらわれっぱなしの恥ずかしい人間でした。今でも器は小さいままですが、少しでもそんな自分と向き合おうと、そんな思いで本作を作りました」とコメントしている。

芦原健介 コメント

こんにちは。芦原健介と申します。この度上映する運びとなりました本作は、以前、私自身が一度俳優を諦め、一般企業に就職をしていた時代の経験が色濃く反映された映画となっております。内容はフィクションですが、当時の私は作品に出てくる増田のように本当に器の小さい、嫉妬にとらわれっぱなしの恥ずかしい人間でした。今でも器は小さいままですが、少しでもそんな自分と向き合おうと、そんな思いで本作を作りました。キャストの皆様は正直、私がサラリーマン時代にリアルに嫉妬していた方々に出演をお願いしております。
そんな私的な衝動を出来るだけ皆様に楽しんでいただけるよう、自分なりに距離を取って描いた作品です。こんな男もそれなりに頑張って生きているんだなぁと、じゃあ自分は随分マシなほうだなぁと、劇場を出たときに少しでも勇気を持って帰って頂ければ幸いです。

映画ナタリーをフォロー