映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

妻夫木聡が「Red」で難役に挑んだ夏帆を称賛「弱さを出せる人こそ強い人」

270

「Red」公開記念舞台挨拶の様子。左から三島有紀子、柄本佑、夏帆、妻夫木聡、間宮祥太朗。

「Red」公開記念舞台挨拶の様子。左から三島有紀子、柄本佑、夏帆、妻夫木聡、間宮祥太朗。

Red」の公開記念舞台挨拶が本日2月22日に東京・TOHOシネマズ 日本橋で行われ、キャストの夏帆妻夫木聡柄本佑間宮祥太朗、監督の三島有紀子が登壇した。

島本理生の小説をもとにした本作。何も問題のない結婚生活を送っていたはずの村主塔子が、かつて愛した男・鞍田秋彦との再会を機に心揺さぶられていく様子が描かれる。塔子を夏帆、鞍田を妻夫木が演じ、塔子の同僚・小鷹役に柄本、塔子の夫・真役に間宮がキャスティングされた。

まず、塔子と鞍田の物語をどう感じたかと尋ねられた男性キャストたち。「うーん……」と悩む様子を見せた妻夫木は、「監督とも2人の関係について話したんですが、“宿命”という言葉が一番腑に落ちましたね。制約に縛られる関係ではなく、『今、一番求めているものはこの人という存在』と言えるような」と分析し、「でも僕自身はできれば行きたくない世界ですけどね(笑)。小さな不満の積み重ねがこういう状態を生んでしまうかもしれないので、そうならないように努力したいです」と話した。

「日常生活の中でやってはいけないことや我慢することはいろいろある」と前置きした柄本は、「『Red』は塔子の“してはいけない選択”を疑似体験してすっきりして、これからまたがんばろうと思える作品です。デトックス映画ですね!」と解釈する。終盤、塔子が誰と生きていくのかが明らかになるシーンについて話したのは間宮。「僕は塔子とどう生きたいかを一方通行的かつ素直に彼女に懇願する役を演じました。でもあのセリフを聞いたときはね……」としみじみ述べた。

男性キャラクターの魅力について夏帆は、「鞍田といると、自分が自分でいられなくなってしまいそうな危うさを感じますね。小鷹さんなら等身大の自分でいられるという意味では、一番つくろわずにいられるのかな」と話す。しかし、三島から「でも小鷹は絶対浮気するよね」とツッコミが入ると「しますね」と即答していた。

イベント終盤には夏帆にバラの花束が手渡されるサプライズが。バラ5本の花束には「あなたに会えて心からうれしい」という意味があることから、それぞれが夏帆への思いを口にした。妻夫木は「難しい役の夏帆ちゃんを支えられたらと思っていました。弱さを出せる人こそ強い人。包み隠さずに弱いところを見せ、目の前の役から逃げずに向き合える覚悟を持った方だと感じました」と称賛する。

「夏帆ちゃんにはだいぶ前に出会ってはいるんですけど、つらい思いも一緒にしたし……」と感極まった様子を見せた三島。続けて「今作では夏帆ちゃんに思う存分、演技をしてほしかったんです。夏帆はもっとすごいんだ、私が夏帆ちゃんのいいところを見せるんだと思いながら作りました」と語った。最後に夏帆は「30代に向けてターニングポイントとなった作品です。うまくできないこともありましたが、悩む時間を与えていただけてありがたかったです」と感謝を口にしてイベントの幕を閉じた。

「Red」は全国で公開中。

※「Red」はR15+指定作品

(c)2020『Red』製作委員会

映画ナタリーをフォロー