映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「ソン・ランの響き」監督来日、ベトナムの伝統歌舞劇カイルオンへの愛語る

173

「ソン・ランの響き」初日トークショーより。左からレオン・レ、リエン・ビン・ファット。

「ソン・ランの響き」初日トークショーより。左からレオン・レ、リエン・ビン・ファット。

ソン・ランの響き」の初日トークショーが本日2月22日に東京・K's cinemaで開催され、主演のリエン・ビン・ファット、監督のレオン・レが出席した。

本作の舞台は1980年代のベトナム・サイゴン。粗暴な借金の取り立て屋ユンとベトナムの伝統歌舞劇カイルオンの花形役者であるリン・フンが運命的な出会いを果たし、悲劇的な結末へ進んでいくさまが描かれる。

レオン・レはまず自身とカイルオンとのつながりについて、「子供の頃の夢は、カイルオンの役者になることでした。ただ13歳のときに家族と一緒にアメリカへ行き生活する中で、おそらくこの夢は叶わないのだろうと思うようになりました。それでもカイルオンへの愛は私の中で1日も消えたことがないんです」と語る。続けて「20年経って初めてベトナムへの帰国を決意したのは、カイルオンの役者になる夢ではなく、カイルオンの映画を作るという新しい夢を持ったからなんです」と明かした。

「主演としてはデビュー作となるこの映画には、難しいシーンがたくさんありました」と話したのはユン役のリエン・ビン・ファット。「私の集中力やすべての能力を映画に費やしました。脚本を熟読して人物像を分析し、カイルオンについても研究しました」と振り返る。また監督に対しての思いは「A4の紙2枚分でも足らないくらいです」と笑顔を見せ、「もっとも尊敬しているのは、自分の主張を譲らないところ。周りから『こうすればもっと経済的な効果が出る』と言われても、最後まで自分の基準や主張を守っていました」と述べた。

主役のキャスティング基準を尋ねられたレオン・レは「もちろん美貌ですね。顔も大事な要素ではあります」と笑う。「ただそれより大事なのは表現力。リエン・ビン・ファットさんの場合は、無邪気な雰囲気の目がいいですね」と説明。またリン・フン役のアイザックをプロデューサーから提案された際、最初は断ったと明かす場面も。「韓流の色に染められていない人を求めていました。でも何百人に会ってもふさわしい人が見つからなかった。それで彼に会ってみようと決めたんです」と回想し、「カイルオンの役者だと映画の世界に溶け込めず、映画の役者だとカイルオンができなかった。アイザックさんはそのバランスがよかったんです」と決め手を語った。

最後にレオン・レは「練習してきました」と言って一呼吸置いてから、日本語で「これからもどうぞよろしくお願いします。友達にもどうぞよろしく」とアピール。会場から拍手が上がり、イベントは幕を閉じた。

「ソン・ランの響き」は全国で順次公開中。

(c)2019 STUDIO68

映画ナタリーをフォロー