M・ロビーが“先輩プロデューサー”C・セロンを絶賛「必ず現場にいてくれるの」

51

スキャンダル」に出演したマーゴット・ロビーのインタビュー映像がYouTubeで公開された。

マーゴット・ロビー

マーゴット・ロビー

大きなサイズで見る(全18件)

「スキャンダル」ポスタービジュアル

「スキャンダル」ポスタービジュアル[拡大]

2016年に米テレビ局・FOXニュースで実際に起きたスキャンダルの裏側を描いた本作。シャーリーズ・セロンがスキャンダルに動揺する売れっ子キャスターのメーガン・ケリー、ニコール・キッドマンがCEOロジャー・エイルズを提訴する元人気キャスターのグレッチェン・カールソン、ロビーが若手キャスターのケイラ・ポスピシルを演じた。

「スキャンダル」

「スキャンダル」[拡大]

映像でロビーは、脚本を読んだ印象を「内容は職場でのセクハラについてだけど、とても入り組んだ問題として描かれていたの。この革命がついに軌道に乗り始めたと思った」と述懐。そして「この作品はただ犠牲者を擁護する映画じゃないし、もっと深い内容」と話すと「(脚本家の)チャールズ・ランドルフが多種多様な人物を登場させて、問題の複雑さを見事に描いているの」と紹介した。

「スキャンダル」

「スキャンダル」[拡大]

「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」など自身が出演している作品にプロデューサーとしても参加しているロビー。本作でプロデューサーも務めたセロンについて「本当に最高よ! かっこいい!」と笑顔を見せ、「彼女は真のプロデューサーだと思う」「必ず現場にいてくれるの。来る必要がない日でもね」と絶賛している。

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のジェイ・ローチが監督を務めた「スキャンダル」は、2月21日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。なお本作は第92回アカデミー賞で、セロンが主演女優賞、ロビーが助演女優賞、カズ・ヒロ(辻一弘)がメイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされている。

この記事の画像・動画(全18件)

関連記事

マーゴット・ロビーのほかの記事

リンク

関連商品

(c)Lions Gate Entertainment Inc.