映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

米GG賞テレビ部門で「サクセッション」「フリーバッグ」「チェルノブイリ」が受賞

50

第77回ゴールデングローブ賞の授賞式に出席したブライアン・コックス。(写真提供:JIM RUYMEN / UPI / Newscom / ゼータ イメージ)

第77回ゴールデングローブ賞の授賞式に出席したブライアン・コックス。(写真提供:JIM RUYMEN / UPI / Newscom / ゼータ イメージ)

第77回ゴールデングローブ賞テレビシリーズ部門各賞の受賞作品が、アメリカ現地時間1月5日に発表された。

ドラマ部門の作品賞を受賞したのは、HBO製作の「サクセッション」(別題:「メディア王~華麗なる一族~」「キング・オブ・メディア」)。世界的メディア王であるルパート・マードックをモデルにした同作では、ニューヨーク最大規模の富豪一族による後継者争いの様子が描かれた。ミュージカル / コメディ部門の作品賞には、英ロンドンに生きる1人の女性の心理を映し出した「Fleabag フリーバッグ」が選ばれている。

ドラマ部門の主演男優賞は「サクセッション」のブライアン・コックス、主演女優賞は「ザ・クラウン」のオリヴィア・コールマンが獲得。またミュージカル / コメディ部門の主演女優賞に「Fleabag フリーバッグ」のフィービー・ウォーラー=ブリッジ、主演男優賞に「Ramy(原題)」のラミー・ユセフが輝いた。

リミテッドシリーズ / テレビムービー部門の作品賞は「チェルノブイリ」に決定し、同作のステラン・スカルスガルドが助演男優賞を受賞。同部門の主演男優賞と主演女優賞は「The Loudest Voice(原題)」に出演したラッセル・クロウ、「Fosse/Verdon(原題)」に出演したミシェル・ウィリアムズがそれぞれ手にした。助演女優賞は「The Act(原題)」のパトリシア・アークエットに贈られている。テレビシリーズ部門の受賞結果は以下の通り。

第77回ゴールデングローブ賞受賞結果(テレビシリーズ部門)

作品賞(ドラマ部門)

「サクセッション」

主演女優賞(ドラマ部門)

オリヴィア・コールマン「ザ・クラウン」

主演男優賞(ドラマ部門)

ブライアン・コックス「サクセッション」

作品賞(ミュージカル / コメディ部門)

「Fleabag フリーバッグ」

主演女優賞(ミュージカル / コメディ部門)

フィービー・ウォーラー=ブリッジ「Fleabag フリーバッグ」

主演男優賞(ミュージカル / コメディ部門)

ラミー・ユセフ「Ramy(原題)」

作品賞(リミテッドシリーズ / テレビムービー部門)

「チェルノブイリ」

主演女優賞(リミテッドシリーズ / テレビムービー部門)

ミシェル・ウィリアムズ「Fosse/Verdon(原題)」

主演男優賞(リミテッドシリーズ / テレビムービー部門)

ラッセル・クロウ「The Loudest Voice(原題)」

助演女優賞

パトリシア・アークエット「The Act(原題)」

助演男優賞

ステラン・スカルスガルド「チェルノブイリ」

キャロル・バーネット賞

エレン・デジェネレス

映画ナタリーをフォロー