映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

Netflixが2019年の国内視聴ランキング発表、山田孝之「全裸監督」が1位に

1149

「全裸監督」

「全裸監督」

Netflixが2019年に日本でもっとも観られた作品ランキング「What’s Hot? 2019」を発表。山田孝之が村西とおるを演じたドラマシリーズ「全裸監督」が1位に輝いた。

これは2019年にNetflixで配信開始された全作品を対象に、配信から28日間で、2分以上視聴したメンバーが多い作品をリスト化したもの。シーズン2の製作も決定している「全裸監督」は、2019年8月8日より全世界独占配信されたNetflixオリジナルシリーズ。“アダルトビデオの帝王”と称されたAV監督・村西の姿が虚実交えて描かれる。

映画としてはマイケル・ベイが監督、ライアン・レイノルズが主演を務めた「6アンダーグラウンド」が3位、マンガ「銀魂」の実写映画化第2弾「銀魂2 掟は破るためにこそある」が4位、松坂桃李が会員制ボーイズクラブで“娼夫”として働く主人公を演じた「娼年」が7位、DCコミックを映画化した「アクアマン」が10位にランクイン。「テラスハウス TOKYO 2019-2020」「リラックマとカオルさん」「ウィッチャー」など、映画やドラマ、アニメ、リアリティ番組を問わず、10作品中6本をNetflixオリジナル作品が占める結果となった。

また映画部門では「6アンダーグラウンド」、シリーズ部門では「全裸監督」がトップに。Netflix Japanの公式SNSでは、リアリティ番組、ドキュメンタリー、アニメのトップ10も発表された。なおNetflixが日本国内の視聴ランキングを発表するのは今回が初めて。

2019年 もっとも観られた作品TOP10(日本)

01. 「全裸監督」※Netflixオリジナル
02. 「テラスハウス TOKYO 2019-2020」※Netflixオリジナル
03. 「6アンダーグラウンド」※Netflixオリジナル
04. 「銀魂2 掟は破るためにこそある」
05. 「リラックマとカオルさん」※Netflixオリジナル
06. 「ULTRAMAN」※Netflixオリジナル
07. 「娼年」
08. 「新世紀エヴァンゲリオン」
09. 「ウィッチャー」※Netflixオリジナル
10. 「アクアマン」

2019年 もっとも観られた映画TOP10(日本)

01. 「6アンダーグラウンド」※Netflixオリジナル
02. 「銀魂2 掟は破るためにこそある」
03. 「娼年」
04. 「アクアマン」
05. 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
06. 「MEG ザ・モンスター
07. 「スパイダーマン:ホームカミング
08. 「ワイルド・スピード ICE BREAK
09. 「アイリッシュマン」※Netflixオリジナル
10. 「レディ・プレイヤー1

2019年 もっとも観られたシリーズTOP10(日本)

01. 「全裸監督」※Netflixオリジナル
02. 「リラックマとカオルさん」※Netflixオリジナル
03. 「ULTRAMAN」※Netflixオリジナル
04. 「新世紀エヴァンゲリオン」
05. 「ウィッチャー」※Netflixオリジナル
06. 「ワンパンマン」
07. 「ケンガンアシュラ」※Netflixオリジナル
08. 「ストレンジャー・シングス 未知の世界」※Netflixオリジナル
09. 「ラブ、デス&ロボット」※Netflixオリジナル
10. 「進撃の巨人」

映画ナタリーをフォロー