この血のすべてを捧げて戦う、奴隷解放運動家の人生描いた「ハリエット」特報

67

奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの人生を題材とする「Harriet」の邦題が「ハリエット」に決定。YouTubeで特報が公開された。

「ハリエット」

「ハリエット」

大きなサイズで見る(全3件)

「ハリエット」

「ハリエット」[拡大]

シンシア・エリヴォハリエットを演じ、「クリスマスの贈り物」のケイシー・レモンズがメガホンを取った本作。農園の奴隷だった“ミンティ”ことアラミンタ・ロスが、奴隷制度廃止運動家ウィリアム・スティルと運命的な出会いを果たし、ハリエット・タブマンと名を変えて奴隷たちを自由に導くさまを描く。タブマンは、アフリカ系アメリカ人女性として史上初めて20ドル紙幣に採用されることが決まっている。

映像には、奴隷制が廃止された米ペンシルバニア州への逃亡の最中、意を決して川に飛び込むハリエットの姿や、「この血のすべてを捧げて戦う」という彼女のセリフが収められた。なお第77回ゴールデングローブ賞では、エリヴォが主演女優賞、テーマ曲の「スタンド・アップ」が主題歌賞にノミネートされている。

レスリー・オドム・ジュニアジャネール・モネイも出演する「ハリエット」は3月より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

※「ハリエット」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

シンシア・エリヴォのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019Universal Pictures