奴隷たちを自由の地へ…奴隷解放運動家の人生描く「ハリエット」3月公開

75

奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの人生を描く「Harriet(原題)」が3月より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開される。

「Harriet(原題)」

「Harriet(原題)」

大きなサイズで見る

アフリカ系アメリカ人女性として史上初めて20ドル紙幣に採用されることが決まったタブマンをモデルにした本作。農園の奴隷だった“ミンティ”ことアラミンタ・ロスの姿が描かれる。奴隷主が急死したことをきっかけに南部へ売りに出されることになったミンティは、メリーランド州から奴隷制が廃止されたペンシルベニア州を目指して脱走。奴隷制度廃止運動家ウィリアム・スティルと運命的な出会いを果たした彼女はハリエット・タブマンと名を変えて新たな人生を歩み始める。そして秘密組織“地下鉄道(アンダーグラウンド・レールロード)”の一員となったハリエットは、数多くの奴隷たちを自由の地へ導いていく。

シンシア・エリヴォが主演を務め、レスリー・オドム・ジュニアがスティル、ジャネール・モネイが女性実業家マリー・ブチャノンに扮する。監督は「クリスマスの贈り物」のケイシー・レモンズが務めた。なお第77回ゴールデングローブ賞では、エリヴォが主演女優賞、テーマ曲の「スタンド・アップ」が主題歌賞にノミネートされている。

※「ハリエット」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください

関連記事

シンシア・エリヴォのほかの記事

関連商品

(c)2019Universal Pictures International, Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.