映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「サイレント・トーキョー」佐藤浩市と西島秀俊がエキストラとの撮影回想

703

「サイレント・トーキョー」製作発表会見の様子。前列左から西島秀俊、佐藤浩市、石田ゆり子。後列左から勝地涼、広瀬アリス、中村倫也、井之脇海、波多野貴文。

「サイレント・トーキョー」製作発表会見の様子。前列左から西島秀俊、佐藤浩市、石田ゆり子。後列左から勝地涼、広瀬アリス、中村倫也、井之脇海、波多野貴文。

「サイレント・トーキョー」の製作発表会見が本日12月24日に東京都内で行われ、キャストの佐藤浩市石田ゆり子西島秀俊中村倫也広瀬アリス井之脇海勝地涼、監督の波多野貴文、プロデューサーの阿比留一彦が出席した。

本作は、「アンフェア」シリーズの原作者として知られる秦建日子が、ジョン・レノンの楽曲「ハッピー・クリスマス(戦争は終った)」にインスパイアされて執筆した小説をもとにするサスペンス。クリスマスイブの東京で突如発生した連続爆破テロ事件を描く。

渋谷のスクランブル交差点を再現して栃木県に建てられたオープンセットでの撮影について、佐藤は「延べ1万人の方々にエキストラとして参加していただきました。寒さの中でがんばっていただいて、大変な撮影でしたよ」と振り返る。西島も同じセットシーンを回想し「毎日1000人以上に集まっていただいて、深刻な場面を全員が全力で演じなきゃいけない状況でした。でもエキストラの皆さんがこちらの頭が下がるくらい集中して演技してくださったので、素晴らしいシーンになったのではとわくわくしています」と述べた。

脚本を読んで「全員が謎めいている」と感じたという石田。「私は事件に巻き込まれていく主婦を演じたのですが、キャラクターみんなが何を考えているのかわからない。映像になったらどんな感じになるんだろうと思わされる脚本でした」と述懐すると、続く中村が「原作を読んだときもそうだったんですが、僕を含めた日本国民全員が主役でもあるのかなと考えさせられました。エキストラの方だったり、作品を客席で観た方も実は主人公の1人なのかもしれない」と解釈を口にした。

「今どきの女の子を演じた」と言う広瀬は「衣装合わせのときにパンプスを履いたんですが、『女性っぽすぎるよね』と監督とお話しまして。明るい女の子というイメージだったのでスニーカーが採用されました。ヒールよりスニーカーのほうが似合う女性です」と笑う。井之脇が「テレビ局でアルバイトをしている男の子を演じたのですが、本当に真面目で純粋な子です。ジャーナリズムの是非について投げかけるための役なんだなと感じました」と分析すると、勝地は「現実に日本で起こってもおかしくないことなんだなとドキッとさせられました」とコメント。「『これは戦争だ』というセリフが台本にあるんですが、戦争ものって過去の戦争を挙げて描くことが多いと思います。でもこの作品は、現代を舞台にしても伝わるような描き方になっています」と続けた。

共演者について質問が飛ぶと、佐藤が「ゆり子さんが現場にいてくださると、緊張が緩和される。スタッフもたぶんそう思っていたんじゃないかな」と笑顔を見せて石田を照れさせる一幕も。西島は中村と勝地を「集中力、瞬発力がすごい。そしてかわいいのでメロメロですよ」と褒めちぎって会場の笑いを誘う。さらに「倫也くんに“ダンちゃん”とあだ名をつけたのにまだ呼べていないです。あと、勝地くんは行きつけの公園が一緒なので、公園でデートしたいなと思っています」と西島が言うと、勝地は「子供を連れて一緒に遊べたら」と笑顔で返答していた。

波多野は多数のエキストラが参加したシーンについて「ステディカメラを多用して、実際にその場にいるような感覚をお客さんに持っていただけるような画作りをしました。カットは極力割っていません。渋谷のセットは実寸大で作ってもらっていて、人数の多さと熱狂感が表現できていると思います。混乱ぶりがよく見えるのではないでしょうか」と自信を見せる。阿比留も「スタッフが本当にがんばってくれました。スケールの大きな世界観で、どの層も楽しめる作品になっています」とアピールした。

「サイレント・トーキョー」は2020年12月に全国公開。

(c)2020 Silent Tokyo Film Partners

映画ナタリーをフォロー