映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

ジュリエット・ビノシュにビノシュへの連絡をお願い?「冬時間のパリ」新映像

57

オリヴィエ・アサイヤス監督作「冬時間のパリ」より、本編映像の一部がYouTubeで公開された。

本作はフランス・パリの出版業界を舞台に、迷える大人たちの愛の行方が描かれるラブストーリー。敏腕編集者のアランは、作家で友人のレオナールから不倫をテーマにした新作の相談を受けるが、内心ではレオナールの作風を古臭いと感じていた。しかし女優である妻セレナの意見は正反対。そもそも夫婦の関係はうまくいっておらず、アランはアシスタントと不倫中で、セレナはレオナールと秘密の関係を結んでいた。アランをギョーム・カネ、セレナをジュリエット・ビノシュ、レオナールをヴァンサン・マケーニュが演じている。

映像にはビノシュ演じるセレナが“女優ジュリエット・ビノシュ” に言及するコミカルなシーンを収録。レオナールの電子書籍の売れ行きがよく、オーディオブックの制作を考えているアランは、ジュリエット・ビノシュに声の出演を依頼し、返事待ちであることを明かす。アランはビノシュの知り合いであるセレナからも連絡を頼むが「教えられないわ、エージェントの番号なら」とセレナが返答する姿が切り取られた。

「冬時間のパリ」は12月20日より東京のBunkamura ル・シネマほか全国で順次ロードショー。

(c)CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME

映画ナタリーをフォロー